根元 八幡屋礒五郎

1736年創業の七味唐辛子の老舗『根元 八幡屋礒五郎』。「もっといろんな方に七味唐辛子を知ってもらいたい」という思いのもと、七味に使われるスパイスを使用したチョコレートを販売。スパイスの香り高さとチョコレートがマッチする味わいは、長年の調合技術を持つ同店ならではです

根元八幡屋礒五郎 SPICE CHOCOLATE 紫蘇

A20220313-1
A20220313-1
A20220313-1
A20220313-1

清々しい紫蘇の香りと、ベリー系フルーツのような酸味のあるベトナム産カカオで豊潤な味わい。

 送料について

販売価格  ¥648(税込)

簡易ギフト設定  

数量  

※熨斗・掛け紙について

スタッフ 宮川
『もっといろんな方に七味唐辛子を知ってもらいたい』という思いのもと作っている『スパイスチョコレート』のアソートです。
ひとつひとつの素材の美味しさを実感できるよう、ピッタリなチョコレートを選んで掛け合わせています。

店舗のある長野県ではジュースとしてよく飲まれる『紫蘇』は、梅干しのイメージがあるように爽やかさがあるので、酸味のあるチョコレートが良相性です。ベリー系の酸味が豊かなベトナム産カカオ豆を使って、爽やかなチョコレートに仕上げました。

根元八幡屋礒五郎は、長野県長野市にお店を構える、1736年に創業した老舗の七味唐辛子店。『もっといろんな方に七味唐辛子を知ってもらいたい』という思いのもと、2008年にスイーツ部門である『Kongen Sweets』を立ち上げ、Bean to Barチョコレートの製造を行っています。

様々なスパイスを配合して料理や食べ物に合わせた味わいを作るのが、七味を扱う八幡屋礒五郎の真骨頂。甘いものと掛け合わせても、その独特の風味と新鮮さにお客様の目を輝かせています。
現在ラインナップしているのは、七味に使われている七種類のスパイスそれぞれを、チョコレートを合わせたフレーバードチョコレート。
ひとつひとつのチョコレートを食べることでそのスパイスの味を知ってもらい、それが混ざって美味しい七味ができることを実感してほしいそうです。

原材料名

カカオ豆(ベトナム)、砂糖、ココアバター(一部に乳製品を含む)

内容量

1枚(30g)

保存方法

直射日光を避け、25℃以下で保存

賞味期限

外装に記載
(発送より14日以上のものをお送りいたします)

備考

本製品製造工場では、卵、乳成分、小麦、大豆、ごまを使用した製品を製造しております

    この商品を購入された方のみレビュー投稿できます。
    (会員ログインが必要です)
    ログイン

    このブランドの他の商品

    フレーバードチョコレートの他の商品

    この商品を買った人はこんな商品も買っています