チョコレートの豆知識

【食レポ】注目の第4のチョコ?ルビーチョコレートってどんな味?どこで食べれる?

 

こんにちは!チョコブロガーのフクナガです。

今回は話題に乗りに乗っている、『第四のチョコレート:ルビーチョコレート』についてご紹介します。

どんなチョコなのか、どこで買えるのか、そして一番気になるお味についてレポートします!

 

 

 

 

『第4のチョコレート』ってどういうこと?


こちらのページでも解説している通り、チョコレートは「ビター」「ミルク」「ホワイト」の3種類が基本です。

ところが、2017年から2018年にかけて、これらに加えて『第4のチョコレート』を名乗るチョコレートが登場しました。

それは『ブロンドチョコレート』と『ルビーチョコレート』・・・あれ!?2つ!?

なんと、だいたい同じ時期に2種類のチョコレートが「これが4番目のチョコレートです!」と言いはじめてしまったんです(笑)

今回はそのうちの片方、『ルビーチョコレート』についてのご紹介です。

 

ルビーチョコレートって何?あのピンク色の正体に迫る!!

 

ルビーチョコレートは2017年9月、スイスの大手チョコレートメーカー「バリーカレボー社」より発表されました。

なんといってもその特徴はとても鮮やかなピンク色。

このピンク色、なんと着色料などは一切使わず、カカオが持つ本来の色なんです。

ルビーチョコレートの原料になるのは南米で栽培される「ルビーカカオ」という特別なカカオ豆。

バリーカレボー社は約10年をかけて開発した特殊な製法で、このルビーカカオの自然のピンク色をチョコレートまで残すことができるようになったそうです。

 

ルビーチョコレートを食べるには?

 

そんな特別なチョコレート、ルビーチョコレートはとても希少なチョコレートです。

そのためか、バリーカレボー社はキットカットを販売する、ネスレ社にしかチョコレートを供給していません

2018年7月、ルビーチョコレートの本格展開が決まりました!

高級チョコレートブランドからローソンまで、各社続々とルビーチョコレートの新商品を発表しています。

2019年2月現在、ルビーチョコレートはこちらで食べられます!

ネスレ キットカットサブリムルビー

世界で初めてルビーチョコレートを使ったお菓子。

お馴染みのサクサクウエハースをたっぷりのルビーチョコレートで包んでいます。

ヴィタメール ショコラバリエ ルージュ


バレンタイン限定で登場!

高級感がある2粒のチョコレートと、

一口サイズのミルクチョコレート、そしてルビーチョコレートがアソートされています。

ユーハイム ルビーミルフィーユ

バターかおるパイ生地に、イチゴとラズベリーのクリームを挟んで、

美しいルビーチョコレートで包んだお菓子。

他社に先駆けて2018年10月に発売し、人気が続いています。

こちらで購入できます↓

タイチロウモリナガ ハイクラウン


バレンタイン限定で登場!

お馴染みのチョコレートメーカー、森永の高級ライン、『タイチロウモリナガ』から、

バータイプのチョコレートが登場です。

ルビーチョコレートとふつうのチョコレートが二層になったシンプルなバータイプのチョコレートです。

二種類のカカオが溶けあう美味しさが楽しめます。

こちらで購入できます↓

高島屋オンラインショップ

ルビーチョコのキットカットはどこで売ってるの??

このルビーチョコレートを世界で最初に使ったチョコレートが、『キットカット サブリムルビー』です。

「いやいや、ルビーチョコのキットカットなんてみたことないけど・・・?」とお思いのあなた。

ルビーチョコレートを使用したチョコレートは、普通のコンビニやスーパーでは売っていません。

購入できるのは『キットカットショコラトリー』というキットカットの高級版を扱うお店です!

激しい限定感で心が折れそうになりますが(笑)オンラインショップもありますのでご安心ください。楽天・アマゾン店もあります。

年間いつも購入できるお店は以下の9店舗です。

  • 銀座本店
  • 新宿高島屋店
  • 大丸東京店
  • 西武池袋店
  • 大丸梅田店
  • 伊丹空港店
  • 南海なんば店
  • ラゾーナ川崎店
  • そごう広島店

キットカットショコラトリーのお店ではルビーチョコレートを使用した以外にも、限定のキットカットが多数!

原料にこだわったものやフルーツフレーバー、バターなどの珍しいフレーバーなどなど、いつものキットカットとはワンランク違う味を楽しめます。

 

気になるお味は・・・?話題のルビーチョコスイーツを実食レポート!

食レポ①ヴィタメールのショコラ・バリエ・ルージュ

ヴィタメールのショコラ・バリエ・ルージュには、

一口サイズのルビーチョコレートが入っています。

ルビーチョコレートのシンプルな味を楽しめる1枚、どんな味なのでしょうか?

口の中に入れて溶かしていくと、

最初はホワイトチョコレートのようなミルキーな香り。

後からだんだんと苺やベリーのような甘酸っぱさが広がっていきます。

この甘酸っぱさ、イチゴのようにも感じられますが、もっと優しく、コクのある味わいです。

イチゴのとげとげしい酸っぱさをなくし、丸くなったジャムの甘みに違いです。

これがカカオならではのフルーツ感なのでしょうか?

ホワイトチョコレートや苺チョコレートのような甘ったるさもなく、

程よいフルーツ感で爽やかな食べ口の1枚でした!

 

食レポ②国内最初のルビーチョコスイーツ、『キットカットサブリムルビー』を食べてみた


さて、凄いことがわかったところで、肝心のお味はいかがでしょうか?

1本売りの「サブリムルビー」をいただいてみました!

こちらがルビーチョコレートを使用したキットカット、『サブリムルビー』。

通常のキットカットと違い真ん中でパキッと割れるデザインでなく、細長い1本になっています。長さは普通のものより大きめで10㎝程。

1本税込みで432円というのはキットカットとの違いに驚きますが、「こだわりの原材料で作られたチョコレートのスイーツ」と考えればかなりのプチプラです。

まずは一口、サクッ。

通常のキットカットよりも、チョコレートのコーティングがしっかり厚く、チョコレートとしての食べ応えがしっかり感じられます。

中のウエハースの香りも香ばしいですね。

口に入った瞬間に驚くのは、甘酸っぱ~~い果実のような味です。通常のミルクチョコレートのような苦さや香ばしさはありません

イチゴ味のチョコレートをイメージしていただければ一番近いのですが、とげとげしい酸味やくどい甘さがなく、より『優しい味』というイメージです。

ルビーチョコレートは甘味料や酸味料、香料を使っておらず、この甘酸っぱさは「カカオ本来の味」なのです。

それでこんなにフルーツのような味になるというのは、正直驚きですね!

チョコレートとは思えない、フルーティーでフレッシュな味わいでした。

普段チョコレート食べ馴れている私たちにとっては「カカオのイメージが変わる一品」と言えます。ご興味のある方はぜひ試してみてください!

 

食レポ③ローソンにも登場!『ルビーチョコレートのロールケーキ』を食べてみた

※2019年2月現在販売終了しています。

希少な希少なルビーチョコレート、早くもローソンのプレミアムスイーツとして登場しました!

スポンジもクリームも全てルビーカラーの乙女心を鷲づかみするロールケーキ、気になるお味をレポートします!

ピンク色のスポンジはふわっふわで甘さは控えめ。ほんのりと苺のような風味が漂います。

中のクリームはフルーツの甘酸っぱさとミルクの濃厚さのバランスが最高!

全然しつこくなく、クリームだけでもいくらでも食べられてしまいそうです!

食べ進めていくと中からベリーのジュレが…これも味のアクセントになって、クリームの濃厚な美味しさを引き立てます。

最後に「RUBY」と刻印されたルビーチョコレートのプレートをパクリ。

口の中で溶かしていくと、ルビーチョコレートならではの突き抜けるようなフルーツ感が口の中いっぱいに広がります…!

この小さなプレート一枚に、苺やベリーのような甘酸っぱい美味しさが、ぎゅぎゅっと濃縮されています!

後から味をつけている「イチゴ味のチョコレート」では出せない、ルビーチョコレートならではの美味しさがしっかり体感できました。

皆さんも是非食べてみてくださいね!

 

ショコラナビでは他にも最新のチョコレートの情報をわかりやすくご紹介!ぜひご覧ください。

 

関連記事一覧