食べてみた

【食レポ】ルビーチョコレートとは?どんな味?どこで食べれる?

 

こんにちは!チョコブロガーの福永です。
今回は話題に乗りに乗っている、『第四のチョコレート:ルビーチョコレート』についてご紹介します。
どんなチョコなのか、どこで買えるのか、そして一番気になるお味についてレポートします!

 

『第4のチョコレート』ってどういうこと?


チョコレートの種類でも解説している通り、チョコレートは「ビター」「ミルク」「ホワイト」の3種類が基本です。

ところが、2017年から2018年にかけて、これらに加えて『第4のチョコレート』を名乗るチョコレートが登場しました。
それは『ブロンドチョコレート』と『ルビーチョコレート』です。

…そう、余談ですが、『第4のチョコレート』はふたつあります。
なんと、だいたい同じ時期に2種類のチョコレートが「これが4番目のチョコレートです!」と言いはじめてしまったんです(笑)

今回はそのうちの片方、『ルビーチョコレート』についてのご紹介です。

 

ルビーチョコレートって何?あのピンク色の正体に迫る!!

 

ルビーチョコレートは2017年9月、スイスの大手チョコレートメーカー「バリーカレボー社」より発表されました。

なんといってもその特徴は、とても鮮やかなピンク色です。

このピンク色、着色料などは一切使わず、カカオが持つ本来の色なんです。

ルビーチョコレートの原料になるのは南米で栽培される「ルビーカカオ」という特別なカカオ豆。
バリーカレボー社は約10年をかけて開発した特殊な製法で、このルビーカカオの自然のピンク色をチョコレートまで残すことができるようになったそうです。

ルビーチョコレートってどんな味?実食レポート!

さて、凄いことはわかりましたが、ルビーチョコレートはどんな味なのでしょうか?
ルビーチョコレートのお味をご紹介するために、『ヴィタメール』から販売されているルビーチョコレートを食べてみました。

ヴィタメールのショコラ・バリエ・ルージュを食べてみた

後程ご紹介する、ヴィタメールのショコラ・バリエ・ルージュというセットには、一口サイズのルビーチョコレートが入っています。
ルビーチョコレートのシンプルな味を楽しめる1枚、どんな味なのでしょうか?

口の中に入れて溶かしていくと、
最初はホワイトチョコレートのようなミルキーな香り。
後からだんだんと苺やベリーのような甘酸っぱさが広がっていきます。

この甘酸っぱさ、イチゴのようにも感じられますが、もっと優しく、コクのある味わいです。
イチゴのとげとげしい酸っぱさをなくし、丸くなったジャムの甘みに違いです。

これがカカオならではのフルーツ感なのでしょうか?

ホワイトチョコレートや苺チョコレートのような甘ったるさもなく、
程よいフルーツ感で爽やかな食べ口の1枚でした!

 

ルビーチョコレートを食べるには?

 

爽やかで甘酸っぱいルビーチョコレート、食べてみたいと思う方も多いかと思います。
ルビーチョコレートは特殊な地域で育てられるカカオから作られているので、とても希少なチョコレートです。
そのためか、バリーカレボー社はキットカットを販売する、ネスレ社にしかチョコレートを供給していません
2018年7月、ルビーチョコレートの本格展開が決まりました!

現在では、高級チョコレートブランドからローソンまで、各社続々とルビーチョコレートの新商品を発表しています。
そこで、「ルビーチョコレートを食べてみたい!」という方のために、おすすめのチョコレートをご紹介します。

おすすめルビーチョコレート①ネスレの『キットカットサブリムルビー』

手軽にルビーチョコレートの味を試してみたい方はこちら。
世界で初めてルビーチョコレートを使ったお菓子、『キットカット サブリムルビー』です。
誰もが知っている、『キットカット』の高級バージョン『キットカットショコラトリー』から販売されています。

キットカットでお馴染みのサクサクウエハースを、たっぷりのルビーチョコレートで包んだものです。
1本432円(税込)と、通常のキットカットと比べると割高ですが、手軽にルビーチョコレートの味を楽しむにはぴったりです。

おすすめルビーチョコレート②ヴィタメールの『ショコラバリエ ルージュ』


ウエハースも何も入っていない、シンプルなルビーチョコレートの味を楽しみたい人には、こちらがおすすめです。
こちらは先ほど食レポで紹介した、『ヴィタメール』から販売されているセットです。
高級感がある2粒のチョコレートと、一口サイズの板チョコレートが4枚アソートされ、
板チョコレートのうち2枚はミルクチョコレート、2枚がルビーチョコレートになっています。
バレンタイン限定の商品ですので、お求めはタイミングに気をつけてください。

おすすめルビーチョコレート③ル・フルーヴの『エタンセル』

ルビーチョコレートを使った、本当に美味しいチョコレートを食べたい方はこちらがおすすめです。
こちらは『ル・フルーヴ』というブランドから販売されている、本格ショコラのアソートセット『エタンセル』です。
丸い、ピンク色の粒にルビーチョコレートが使われています。
バレンタインのプレゼントとしても申し分ない、美味しさと高級感のあるチョコレートです。

こちらは丸い粒の断面。
ライムの果皮を加えた爽やかなアーモンドのプラリネが、ルビーチョコレートでコーティングされています。
ルビーチョコレートの風味が引き立つように、中のプラリネはクセのない浅煎りでつくられており、ライムの清々しさも相まって軽やかな味わいの一粒です。

ちなみに、このようなルビーチョコレートを使った粒のチョコレートは、他店からはあまり販売されていません。
なぜなら、ルビーチョコレートを使って本格ショコラを作るのが、とても難しいからです。

じつはルビーチョコレートは水分に弱く、水分としばらく接していると、せっかくのピンク色が灰色に変色してしまいます。
そのため、ルビーチョコレートは水分を含む他の材料と組み合わせるのが難しく、技術と工夫が必要になります。

こちらのブランド『ル・フルーヴ』では、その弱点を克服するため、ルビーチョコレートを水分が少ないプラリネと組み合わせ、
湿気に触れないようにビニールのパッケージでチョコレートを包んでいます。

そこまでの手間をかけられるお店や、技術を持っているお店が少ないため、ルビーチョコレートが使われた本格ショコラは、また少ないのが現状です。
技術と手間が詰まった、極上のチョコレート、ぜひ大切に味わってみてください。

 

ルビーチョコのキットカットはどこで売ってるの??

ルビーチョコレートの味を手軽に楽しめる『キットカット サブリムルビー』ですが、
「いやいや、ルビーチョコのキットカットなんてみたことないけど…?」と思われる方もいると思います。

ルビーチョコレートを使用したチョコレートは、普通のコンビニやスーパーでは売っていません。
購入できるのは『キットカットショコラトリー』というキットカットの高級版を扱うお店です。

激しい限定感で心が折れそうになりますが(笑)オンラインショップもありますのでご安心ください。
楽天・アマゾン店もあります。

年間いつも購入できるお店は以下の9店舗です。

  • 銀座本店
  • 新宿高島屋店
  • 大丸東京店
  • 西武池袋店
  • 大丸梅田店
  • 伊丹空港店
  • ラゾーナ川崎店
  • そごう広島店

キットカットショコラトリーのお店ではルビーチョコレートを使用した以外にも、限定のキットカットが多数!
原料にこだわったものやフルーツフレーバー、バターなどの珍しいフレーバーなどなど、いつものキットカットとはワンランク違う味を楽しめます。

 

以上、話題のルビーチョコレート情報でした

 

関連記事一覧