チョココラム

お返しに!ホワイトチョコレート特集

ホワイトデーのお返し、何にするかお悩みではありませんか?
そんな方におすすめなのが、「ホワイトチョコレート」のお返しです。

「ホワイトチョコレート」は、これまで「甘すぎて苦手」「どこで食べてもだいたい同じ味」と思われがちなでしたが、ここ数年美味しく進化を遂げています。
自店舗で絞ったカカオバターを使ったり、とことんミルク感にこだわったり…と、その美味しさにもブランドごとに個性があります。大量生産品とはひと味違う美味しさを楽しむのはもちろん、いろいろ食べ比べをするのもおすすめです。

そんなホワイトチョコレートの最前線をいくおすすめ商品をご紹介します。

ショコラティエパレドオールブランのショコラ

ショコラティエパレドオールブランは、東京・青山のホワイトチョコレート専門店です。
様々な産地のカカオ豆からホワイトチョコレートを自家製しており、ショコラに使用するにあたって最適な風味のホワイトチョコを選んだり、ブレンドしたりしています。
プレーンなショコラの『パレドオールブラン』は「ホワイトチョコレートってこんなに美味しいんだ…」と衝撃を受けるほど、甘ったるさや油っぽさのない豊かな風味です。

お酒好きの方にはしろ獺祭ショコラがおすすめ。獺祭二割三分を使用したショコラは、日本酒の風味、お米のうま味、チョコレートのまろやかさがマッチし、口の中で豊かな風味が広がります。同じ粒が二粒ずつはいっているので、一箱を二人でシェアして一緒に楽しむこともできます。

お店のこだわりがとことん詰まったシングルディスティラリーショコラブランもおすすめです。五粒のチョコレートがアソートされていますが、五種類のウィスキーそれぞれに、最適にブレンドしたホワイトチョコレートを使用しています。同じウイスキーとホワイトチョコレートの組み合わせで、ここまで豊かなバリエーションが生まれるのかと驚きです。お酒が苦手でなければぜひご賞味いただきたいチョコレートです。

ネルクラフトチョコレートトーキョーのランゴー生ショコラ

こちらのランゴー生ショコラは、2021年3月、新たにショコラナビで入荷したおすすめ商品です。
Whosecacaoというインドネシアでカカオ豆の生産を行う会社が作ったホワイトチョコレートを生チョコに仕立てています。
こちらのホワイトチョコレートは通常カカオバターに行われる脱臭処理がされていません。そのため、カカオ特有の華やかな香りを楽しめるのが特徴です。
それを生チョコレートにすることで、柔らかく滑らかなくちどけと共にその風味を存分に楽しむことが出来ます。

ホワイト板チョコレート食べ比べもおすすめ!

ホワイトチョコレートの板チョコレートを数種類で食べ比べるのもおすすめです。
ショコラティエパレドオールブランのガーナトリニダードタンザニアは、カカオ豆の産地の違いによる風味の違いが楽しめます。
ネルクラフトチョコレートトーキョーのエンレカンブランでは、カカオの華やかな香りが楽しめ、カカオ研究所のホワイトでは、国産ミルクパウダーによるリッチな乳味が楽しめます。

ひとくちにホワイトチョコレートといってもお味はいろいろ。この機会にぜひご賞味くださいませ。

関連記事一覧