チョココラム

ほっこり秋フレーバーのチョコレート特集

厳しい暑さもようやく和らぎ、朝晩の清々しさに秋の訪れを感じます。
ショコラナビでは『秋』を感じる珍しいチョコレートをご用意。
『晩夏』をテーマにしたチョコレートや、味噌の旨味が程よいチョコレートなどをご用意しています。
特に旬の『生姜』を使ったチョコレート二種類は、ぜひ食べ比べでその違いを楽しんでみてください。

 

秋のおすすめチョコレート①YUI CHOCOLATE 組チョコキット【万葉集〜令和二年 晩夏〜】

『晩夏』とは、夏の終わりのこと。暦の上では立秋の前の時期(八月上旬から中旬)を指しますが、
現代では気象上の、涼しくなってきた時期を指すことが多いそうです。

こちらはとても珍しいコンセプトのチョコレート。
三種類のチョコレートに三首の和歌がついていて、それぞれを組み合わせて『遊ぶ』ためのセットです。
チョコレートを食べた味わいを、添付されている三首の和歌の中でどれにフィットするかを考えます。
「チョコを食べても『美味しい』という感想しか生まれない」
「もっと美味しさの感動を言葉で表現したい」という人にうってつけのアイテムで、
特に複数人で楽しむと、一人一人の違った感想を楽しめます。

 

秋のおすすめチョコレート②sweets ESCALIER ブレンドカカオミルク45%味噌漬け

a20210423-2

こちらは一風変わったチョコレート。なんと味噌漬けにしたカカオ豆でチョコレートを作っています。
味噌のうま味と塩味が感じられるものの、雑味が無く意外にもクリアな味わいです。
ミルクが入ってとてもまろやかで、味噌とチョコレートの驚きの相性が感じられます。
食わず嫌いせずにぜひ食べていただきたい一枚です。

 

秋のおすすめチョコレート③根元八幡屋礒五郎 SPICE CHOCOLATE 生姜 BEAN TO BAR ミルク

こちらは旬の食材、生姜を使ったチョコレート。
七味唐辛子の老舗、根元八幡屋礒五郎様が作られるチョコレートで、質のいい生姜の風味が豊かに引き出されています。
辛味はあまりなく、生姜の清涼感とほっこりと落ち着きのある土っぽい風味が、
同じく土っぽいニュアンスのあるトリニダード・トバゴ産のカカオ豆とよくマッチしています。
ミルクが入ってまろやかなのでお子様にもおすすめです。

 

秋のおすすめチョコレート④Damontei Chocolate Ginger(生姜)

こちらも先ほどと同じ生姜を使ったチョコレート、けれども味わいは全く違います。
使っているのは乾燥した生姜を砂糖漬けにしたもの。
カリカリとした食感はジンジャーキャンディのようで、食べる楽しみが深まります。
爽やかで甘い生姜に、しっかりと深みのあるビターチョコレートの組み合わせは、お茶うけにピッタリです。
苦味も辛味も少ないので、こちらもお子様にもおすすめできます。

 

関連記事一覧