チョコレートを選ぶ前に。チョコレートの種類を抑えよう!

ミルク、ダーク、ビター、ルビー、ブロンド、タブレット、キャレ、ボンボン、バー・・・チョコレートの種類は実はたくさん!

「思ってたのと違った・・・」とならないように、チョコレートの種類をしっかり押さえてから買いましょう!

 

チョコレートの成分による種類

メインの3種類・・・ミルク・ビター・ホワイト

まずは誰でも聞いたことがある「ミルクチョコレート」「ビターチョコレート」「ホワイトチョコレート」についてです。

味のだいたいの目安になるので、しっかり覚えておきましょう!

 

それぞれカカオからとれた原料に、砂糖や粉乳を添加して作られていますが、使われているものによって以下のように分けられます。

ミルクチョコレートよりビターチョコレートの方が苦い傾向があります。

ちなみに、同じビターチョコレートでも含まれるカカオ分によって苦さがかなり違います。詳しくはこちらのページをどうぞ。

ミルクチョコレートとは

日本では一番ポピュラーなチョコレート。単に「チョコレート」と言ったらミルクチョコレートの方が多いです。

カカオからとれた原料に、粉乳と砂糖を加えて作ります。ミルクが入っているので優しい甘さと口どけになります。

コーヒーはちょっと苦手、という人はミルクチョコレートを選べば安心。

ビターチョコレート(ダークチョコレート、スイートチョコレート)とは

海外ではダークチョコレートと言います。製菓用ではスイートチョコレートとも。

ミルクチョコレートと違い、ミルクが入っていなく、カカオマスと砂糖のみでできてます。

ミルクよりもカカオの味をしっかり感じますが苦めのものが多く、たまに粉っぽさを感じることも。

Bean to Barや素材にこだわりを持っているお店はビターチョコを多めに置いています。

Bean to Barって何?という方はこちら→Bean to Barとは?美味しさのヒミツとおすすめのブランドをご紹介

ホワイトチョコレートとは

ホワイトチョコレートは、カカオからとれた『カカオバター』という油分に、砂糖・ミルクと混ぜたもの。

『カカオバター』は苦みがないので、甘~いチョコレートになります。

チョコレート独特の苦みがないので、「ホワイトチョコレートはチョコレートじゃないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんね。

カカオの味はしませんが、お口の温度で優しく溶けるのは、溶融温度が35℃くらいのカカオバターのならでは。立派なチョコレートです。

 

 

最近登場した「4番目のチョコレート」とは?

チョコレートの種類は、ミルク、ビター、ホワイトの3種類がメイン。

けれど、最近「4種類目のチョコレート」として、あるチョコレートが登場しました!

そのチョコレートは「ブロンドチョコレート」と「ルビーチョコレート」・・・あれ?2つ?

なんと、だいたい同じ時期に2種類のチョコレートが「これが4番目のチョコレートです!」と言いはじめてしまったんです(笑)。

こちらのページが詳しいのでぜひどうぞ!

気になるルビーチョコレートを実際に食べてみた感想も掲載しています。こちらのページへどうぞ!

 

他にもこんなチョコレートが

色のついたチョコレートは何チョコレート?

ピンクやオレンジ、水色など、さまざまな色がついたチョコレートを見かけることがありますね。

こういった色のついているチョコレートは、ホワイトチョコレートに色とフレーバー(オレンジ色ならオレンジ味、など)を付けたものが多いです。

色とりどりのチョコレートはとても可愛いですが、可愛さだけで選ぶと甘いチョコレートばかりになるので注意です(笑)

クーベルチュールチョコレートとは?

『最高級クーベルチュールチョコレート』というフレーズでよく登場するので、何か特別なチョコレートのように感じますね。

実はクーベルチュールチョコレートは『コーティング用のチョコレート』という意味。

後ほどご紹介するボンボンショコラ等を作る際に、最後のコーティング用として用いられるチョコレートです。

最後にチョコレートを飾るために、表面に美しい艶が出るように、カカオバターやカカオ分の割合が調整されている、製菓用チョコレートの一種です。

艶が出るように通常のチョコレートより手間をかけて調整している=高い、という点から、高級チョコレートと思われがちですが、『クーベルチュール』の持つ意味はあくまで『コーティング用』という意味です。

 

ちなみにクーベルチュールチョコレートは、国際規格CODEXによって、カカオバターを31%以上、カカオ分が35%以上となるように定められています。

一方普通のチョコレートではカカオバター18%以上、カカオ分35%以上と定められているので、クーベルチュールチョコレートのほうがカカオバターが多い、というイメージを持っていていいと思います。

ただし、この国際規格はあくまで「推奨されている」規格であり、法的拘束力はありません。

つまり、カカオバター31%以下でも「クーベルチュール」と名乗ってもOKなのです。

参考:CODEX STANDARD FOR CHOCOLATE

参考:コーデックス入門

ブラックチョコレートとは?

この意味については混同がみられています。

明治のホームページでは「乳製品の量を少なくしたチョコレート」と書かれており、少なくしただけで入っているので、ミルクチョコレートの一種であるとうかがえます。

(実際に明治から販売されているブラックチョコレートには全粉乳が入っています)

日本チョコレート・ココア協会の解説では、「ミルクの入らないチョコレート」と書かれており、ビターチョコレートと同じであるという説明になっています。

どちらの意味で使われているかはわかりませんが、「一般的なミルクチョコレートより苦めのチョコレート」と思っておきましょう。

ミルクが入っているか知りたい場合は原材料名で確認しましょう!

 

チョコレートの形による種類

お次は形による違い。商品名にそのまま使われていることがよくありますので、わかっているとどんなチョコレートか、具体的にイメージができます。

板のチョコレートの種類

しっかりした食感のある板タイプのチョコレート。

最近は様々なトッピングがしてあったり、中にトロリとしたキャラメルが入っていたり様々なものがあります。

板タイプのチョコレートは大体のサイズによって呼ばれ方が変わります。

キャレとは

森永カレドショコラ フレンチミルク

 

「キャレ」は『四角』という意味。

その名の通り、正方形、大きさは3センチ角、薄さ2~3mmで一口で食べられるサイズのものを指します。

森永の「カレ・ド・ショコラ」が有名ですね。(キャレはフランス語読みです)

トッピングがされることはあまりなく、薄くて歯ごたえも少ないので、シンプル、手軽にチョコレートの味わいを楽しむことを主眼にした商品が多いです。

バーとは

ご存知、もともとは「棒」という意味。

『チョコバー』と言ったらスニッカーズなどのような、片手で食べられる棒状のチョコレート菓子が一般的でした。

しかし『Bean to Bar』という製法の名前が定着し、この製法で作られるチョコレートが『チョコレートバー』という商品名で売られていることもあります。

Bean to Barって何?という方はこちら→Bean to Barとは?美味しさのヒミツとおすすめのブランドをご紹介

Bean to Barで作られたチョコレートはタブレット型が多いため、『バー』と『タブレット』がどちらも同じ大きさのチョコレートを指すこともあります。

 

グリーンビーントゥーバーオンラインショップより。「BAR」とありますが板状です

 

タブレットとは

もともとは「板」という意味のタブレット。

その名の通り、板状のチョコレートを全て指します。大きさは4,5センチ位から一般的な板チョコレートサイズまでさまざま。

最近はドライフルーツなどがトッピングされとても華やかなタブレットもあります。

 

『BENCINY』の中までお洒落なタブレット

前述のとおり、Bean to Barという単語が定着した流れで、タブレット状のチョコレートも『バー』と呼ばれることがあります。

今まであまり目立ってこなかったタブレットですが、Bean to Barの流行もあり、メイン商品として扱われるタブレットも続々。

楽しむときは味や香りはもちろん、デザイン、口溶け、ザクザク感、それらが口の中で変化していく様子をじっくり楽しみましょう。

ちなみに「タブレット」と言えば全てがBean to Barというわけではありませんのでご注意ください。タブレットはあくまで形の話です。

 

なお、製菓用のチョコレートではタブレットと言えば、2センチ程度の丸い平らなチョコレートのこと。

これは『タブレット』という単語の『錠剤』という意味から。タブレットタイプは溶かしやすいので製菓用では人気です。

 

スイートキッチン楽天市場店より

 

 

中に何か入っているチョコレート

ボンボンショコラとは

『ボンボンショコラ』というと、「中にトロっとしたお酒が入っているもの」と思われがちですが、実は違います。

ボンボンショコラは滑らかなくちどけのガナッシュ(後述)やクリームなどを、溶けないように少しだけ固めのチョコレートでコーティングしたもの。

 

kiki-季季-のボンボンショコラ。右は熊笹のガナッシュをコーティング。左は夏みかんのガナッシュをホワイトチョコレートでコーティング

 

このガナッシュにお酒が入っていることもありますが、入っていないものももちろんありますので、お酒が苦手な人でもボンボンショコラは楽しめます。

ボンボンショコラは高級チョコレートの中でショコラティエの表現力が光る主力商品といってもいい位置づけ。

中の滑らかなガナッシュは、シンプルにカカオの風味を楽しむものも、様々なフレーバーが加えられているものもあり、チョコレートとのマッチングが楽しめます。

外のコーティングは厚くして、しっかりした歯ごたえとチョコレートの風味を出し、中のガナッシュとのコントラストを表現したり、

逆になるべく薄くして繊細なくちどけを楽しんだり・・・と、非常に奥深いアイテム。

チョコレートの長い歴史の中で、たくさんのショコラティエ達が腕を競ってきたフィールドでもあります。

最近は和風のフレーバーなど新しいものもどんどん登場しています。

最近のトレンドをチェックしたい方はこちらのページをどうぞ。

 

○○ボンボンとは

ボンボンショコラとよく混同されやすい、「中にトロッとお酒が入っている」のが「ウイスキーボンボン」「ワインボンボン」などのボンボン菓子ですね。

「ウイスキーボンボン」というと砂糖のシャリっとした殻の中にお酒が入っていて、チョコレートがコーティングされているのが一般的ですが、

実はチョココーティングの有無は関係なく、砂糖の殻の中にお酒が入っているお菓子自体をボンボン菓子と言います。

 

トリュフとは

ボンボンショコラとよく似ているのがトリュフ。

その語源は高級食材としても有名なキノコの『トリュフ』です。

コロンとした丸い形が似ていることから、チョコレートにもこの名前がよく付けられるんですね。

そんなわけで、『コロンとした丸いチョコレート』であればなんでも『トリュフ』と呼べてしまいます。

ガナッシュを丸めただけのもの、それをチョコレートでコーティングしたもの、ココアパウダーを振りかけたもの、など様々です。

そのため、丸い形のボンボンショコラと何が違うの?と思われる方がいるかもしれませんね。

ここでどちらの名前を付けるかは、ショコラティエのセンスです(笑)。しっかりとした棲み分けはないと思って大丈夫です。

 

 

キノコのトリュフ Wikipediaより

 

 

柔らかいチョコレート

ガナッシュとは

ガナッシュとは、チョコレートに生クリームなどを加えて滑らかなくちどけにしたもの。

先ほどのボンボンショコラは、このガナッシュをコーティングしたものが多いです。

このガナッシュにココアパウダーなどをかけて、そのままでも食べやすくしたのが生チョコレートになります。

 

よくガナッシュと生チョコレートの違いがわからない・・という方が多いですが、

ガナッシュは「材料としての名前」、生チョコレートは「食べ物としての名前」と思ってもらうとわかりやすいです。

ケーキなどを作るときに、チョコレートに生クリームを加えたものを使う場合は「生チョコレート」ではなく「ガナッシュ」や「ガナッシュクリーム」という表現になります。

『チョコレートに生クリームを加えてガナッシュを作り、スポンジに挟んで・・・』といった感じです。

『チョコレートに生クリームを加えて生チョコレートを作り・・・』とはなりません。

 

生チョコレートとは

ガナッシュの項でも触れましたが、生チョコレートは「チョコレートに生クリームを加えたもの(ガナッシュ)をそのまま食べられるようにしたもの」です。

ちなみにこの語源は「生クリーム」+「チョコレート」→「生クリームチョコレート」が縮まって→「生チョコレート」となったと推測されます。

「生」とついていますが、火を通していないわけではありません。

とはいえ生クリームが入っている分通常のチョコレートよりも柔らかく溶けやすくなっていますので、要冷蔵のものが多いです。

お持ち歩きは気を付けましょう!

 

ちなみに世の中にはローチョコレートと呼ばれる火を通していないチョコレートも・・・詳しくはこちら

 

ジャンドゥーヤとは

あまり耳慣れないかもしれませんが、生チョコレートのような少し柔らかめのチョコレートです。

ヘーゼルナッツなどのナッツ類を細かく粉にしたものと、チョコレートが混ぜてあり、とても香ばしいチョコレート。

ちなみにナッツ類をペーストにして砂糖と混ぜたものがマジパン、砂糖とキャラメリゼしたクリームがプラリネ。いずれもボンボンショコラの中によく入っています。

 

 

以上、覚えておいてほしい&間違えやすいチョコレートの種類のご説明でした。

ショコラナビでは様々なチョコレートのブランドや商品をご紹介しています。

お気に入りのチョコレートをぜひ見つけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です