食べてみた&行ってみた

大人のロマンティック・チョコレート。白金台の『ショコラティエエリカ』

 

白金台のエレガントな通りに佇む『ショコラティエエリカ』

こちらは1982年創業の日本ブランドとしては老舗のブランドです。

街路樹の緑によく映える、白とミントグリーンの可愛らしいお店です。

 

筆者がこのお店を知ったのはなんと主人から。

「祖母がいっつも食べていた、ものすごく美味しいミントチョコのお店」とのこと。

大阪にお住まいのお祖母さん。インターネットがない時代から、どうやって買っていたのでしょうか。

そんな年配の方にもながくながく愛されるチョコレート、一体どんなお店なのでしょうか。お邪魔してきました。

 

優しく華やかなチョコレートの数々。夢見るようなチョコレートの世界

 

店内もまた白とミントグリーンが基調の爽やかなデザイン。

並べられているのはボンボン、オランジェット、そしてドラジェやチョコレートをあしらって可愛らしくラッピングされたギフトの数々。

現在主流の高級チョコレートの、スタイリッシュでともすれば暗めの色彩とはまるで真逆。

ハンドメイドなやさしさを感じる、しかし上品さも兼ね備えたチョコレート達でした。

 

こちらは一番目を引いたドラジェとミントチョコレートをあしらったブーケ。

リボンとレースが品よくあしらわれていて、小ぶりなサイズがプレゼントにぴったりです。

崩して食べてしまうのが、とってももったいないですが。

 

ボンボンショコラはお酒を使用した大人の味が中心。

デザインもシンプルで奇をてらったところがなく、なんとなく懐かしさを感じます。

 

小さなカフェスペースが併設されていて、2粒だけゆったりと召し上がっているおじ様の姿も。

他にもお客様はご年配の方が多く、舌の確かな人に、長く愛されているブランドなんだなと思わせました。

 

今回は主人へのお土産を兼ねて、オランジェットとミントチョコの組み合わせで購入。

オランジェットは通常のオレンジのものと、グレープフルーツのもので詰めていただきました。

一番気になっていたミントチョコ。確かに、これは何度でも食べたくなる味ですね。

ミントの爽やかな香りにビターチョコレートの優しい苦みがそっと寄り添う感じ。

あくまでもミントが主役。その爽快さがチョコレートが溶け切ったあとにもいつまでもいつまでも残ります。

普段口にするミントチョコに時々感じるような、苦みやえぐみ、変な甘さが一切なく、とても自然な味わいに感じられました。

もうひとつ驚いたのがグレープフルーツのオランジェット。(パンプルムゥセットというべきでしょうか?)

オレンジの方は優しい甘味の中にほんのりほろ苦さを感じる定番の美味しさですが、グレープフルーツのほうは酸味と苦みがしっかり。

しかもとってもジューシーで口の中に潤いが広がるように感じます。この広がる苦みが癖になる、まさしく大人のチョコレートでした。

 

可愛らしさ、上品さ、そして大人をファンにさせるその味わい。心に残る逸品でした。

公式ページはこちら

関連記事一覧