今、人気のチョコレートはこれ!実はトレンドがあるんです | ショコラナビ

注目のブランド&チョコ特集

今、人気のチョコレートはこれ!実はトレンドがあるんです

 

実はチョコレートにもファッションのようにトレンドが!毎年いろいろな流行りがあって、人気が急上昇するブランドもあれば、昔からずっと愛され続ける人気ブランドもあります。

今回は数ある人気のブランドをトレンド別にご紹介!人気急上昇の流行ブランドも、王道で人気のブランドも全部チェックできちゃいます。

あなた好みのチョコレートを見つけてくださいね。

 

最新トレンド!ビジュアルも楽しむフォトジェニックな人気チョコ

 

流行語にもなった「インスタ映え」。インスタ映えするスイーツの数々に、「食べたい~~~!」と思った方も多いはず。

チョコレートも負けてません!食べられるインクで印刷をしたり、ホワイトチョコレートに色を付けたり、とってもカラフルにできますし、型で固めるので形も自由自在なのがチョコレートの嬉しいところ!

そんなフォトジェニックなチョコレートの中から、人気店をご紹介します。

もちろん見た目だけでなく味も本格的!お腹もココロも癒されちゃいましょう!

楽しく選べる!ベルアメールの『パレショコラ』

 

photo by @izu_lebonheur

全国の百貨店で買えて、プチプラ&可愛い最強のチョコレート。それがベルアメールの「パレショコラ」です。若い女性を中心に大人気なので、見たことがある方も多いのでは。

色とりどりすぎて「クッキーかな?」と思いますが全て板チョコレート。見た目だけでなく味も個性的でイチゴ味やキャラメル入り、ミルクティー味などなど・・・とても多彩に揃っています。

一枚280円とプチプラで買えちゃうので自分用にお友達へのちょっとしたプレゼントに、バラマキにといろいろ使えちゃうのも人気の秘密です。

 

パレショコラ 260円(税抜) バラ売りは実施していない店舗もあります。 店舗情報やオンラインショップは公式ページへ

 

まるでモダンアート!NY発ハイセンスブランド『マリベル』

 

宝石のようなチョコレートがずらり!『マリベル』はNY発のチョコレートブランドで、お洒落なニューヨーカーに大人気のブランドです。

まるで日本とは思えないお洒落なお店。フォトジェニックなチョコレートの数々。小さく精巧なカバン型のパッケージ。どれをとってもお洒落尽くし。

2012年に京都に開店してから、若い子から大人女子まで、たくさんの人が殺到するお店となっています。

 

2個入りギフトボックスは1350円(税込) 公式ページ、オンラインショップはこちら

HPだけではわからない魅力をご紹介。ライター訪問レポートはこちら

 

他にもフォトジェニックなチョコレートはたくさん!もっと可愛いチョコレートが知りたい人はこちらの特集をどうぞ!

 

人気急上昇!個性を楽しむBean to Barの人気ブランド

 

次のトレンドは「Bean to Bar」ビーントゥーバー。初めて聞く人も多いかもしれませんね。Bean to Barは2015年ごろから一気に火が付いた、「個性を楽しむチョコレート」のこと。

チョコレートの原料のカカオは、実は原産地や農家、収穫された年によって全然味が違うんです!

そんな「個性」を楽しめるのがBean to Barの特徴なんです。

そんなに違うの?と思われる方も多いかと思いますが、全然違います!(`・ω・)

チョコレートによって、酸味、苦み、コク、ナッツのような香り、ウッディな香り、ベリーの香りなどなど・・・同じチョコレートとは思えません!

もっと詳しく知りたい方はこちら→Bean to Barとは?美味しさのヒミツとおすすめのブランドをご紹介

 

世界が認めた美味しさ!国際コンクール優勝のBean to Bar専門店『ミニマル』

 

今人気のBean to Barブランドと言えば・・・チョコレートの国際的コンクール「International Chocolate Award」(ICA)で金賞を獲得したBean to bar専門店『ミニマル』です!

 

公式Webサイトより。

 

ミニマルのチョコレートは美味しいだけでなく、味の説明が「ナッツティー」「フルーティー」などわかりやすいのも人気の秘密。

味の違いが分かりづらいBean to Barのですが、説明がしっかりしていてイメージしやすく、買いやすいんですね。

シンプルで肩肘はらなパッケージなので、義理チョコや友チョコなど気兼ねしないプレゼントにおすすめ。便利な通販でも購入可能です。

公式ページはこちらから。

 

鉄板!熟練のクオリティを楽しめる王道の人気店

 

最近トレンドのチョコレートといえば「インスタ映え」と「Bean to Bar」。でもチョコレートの王道と言えばフレーバーを楽しむボンボンショコラです。

ボンボンショコラとは滑らかなくちどけのチョコレートにフレーバーを加えて、溶けにくいチョコレートでうすーくコーティングしたもの。コーティングの程よい薄さ、くちどけ、香りと味が口の中にふわぁっと・・・熟練のスキルが光る王道のチョコレートです。

 

百貨店などで売っている高級ブランドや、海外のチョコレートブランドは、主にこのフレーバーで勝負!

たくさんのブランドがしのぎを削るこのジャンルで、多くの人気を集めているのが、こちらのブランドです!

 

もはや殿堂入り。知らない人はいない『GODIVA』

 

photo by @mmaayyou

ベルギー王室御用達の老舗ブランド『GODIVA』

日本国内に200店舗以上を展開するほか、最近はコンビニとのコラボレーションにも積極的で、甘いものを食べない人でも知らない人はいないブランドとなっています。

チョコレートのラインナップはバラマキにピッタリなキャンディータイプから、高級感あふれるギフトセットまで多彩にそろえ、

ちょっとしたプレゼントからビジネス用途まで、幅広いお客さんの要望に応える、間違いなしのブランドとなっています。

若い人から年配の人まで世代を問わず知名度が高く、人気のブランド。「あのGODIVA」をもらったとあれば、喜ばない人はいないでしょう。

公式ページはこちらから。

 

華々しい歴史を誇る『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』

 

photo by @nrmxmog

1977年に創業したフランスの超有名ブランド、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」

積極的な海外展開も行う他、空港などにも出店し、世界的にも人気の高いブランドとなっています。

日本でも百貨店を中心に展開し、高級チョコレートの代表的なブランドと言えます。

創業者のロベール・ランクスはフランスのチョコレート愛好家クラブCCCの立ち上げに一役買い、

現在のショコラティエ、二コラ・クロワゾーはフランス版人間国宝と言われるMOFに選出されるなど、

華々しい歴史の末に生み出されるチョコレートには、誰もが心を躍らせます。

GODIVAと比べて、フランスらしくより洗練されたブランドイメージは、ワンランク上のチョコレートギフトを求める方に大人気です。

公式ページはこちら

 

インスピレーションが冴える!一味違うブランド『ジャン=ポール・エヴァン』

 

photo by @hairmake_ayu

特にチョコレート通の間で大人気なのが、アーティストショコラティエと呼ばれる『ジャン=ポール・エヴァン』

MOF受章、CCCでは「欠かすことのできないショコラティエ」に選出されたジャン=ポール・エヴァンのチョコレートは、珠玉のクオリティでチョコレート好きの心を掴み続けています。

さらにジャン=ポール・エヴァンのチョコレートは、インスピレーションが冴える一風変わったものも。

2018年には板チョコレートになんと納豆をちりばめたチョコレートをリリース。

カフェでは他店では味わえないような濃厚なチョコレートドリングが楽しめるなど、チョコレート通にはまさに「欠かせない」人気ブランドです。

公式ページはこちら

 

日本ブランドも負けてない!世界でも認められる『パレドオール』

 

photo by @amaikuni

人気ブランドと言えば海外のブランドが多いのですが、日本のブランドも負けてはいません。

『パレドオール』は日本人ショコラティエ。三枝俊介氏が率いるブランド。

国際的チョコレートコンクールICAで受賞経験があったり、フランスのCCCで取り上げられたりと、日本を代表するショコラティエの一人です。

その情熱的なチョコレート作りはNHKプロフェッショナルにも取り上げられ、知名度急上昇中のブランドです。

定番のボンボンショコラだけでなく、ご贈答にピッタリなカカオの水ようかん、健康志向の方に嬉しい乳酸菌ショコラ、カフェではフォトジェニックなパフェなど、たくさんの人を引き付けるラインナップも人気の秘密です。

もっと詳しくはこちらでもご紹介しています。

 

終わりに。人気のブランドは他にもたくさん!ショコラナビで検索!

 

以上、チョコレートのトレンドと、それぞれの人気ブランドをご紹介しました。

でも、ここでご紹介できたブランドはほんの少しだけ。人気のブランドはまだまだたくさんあります!

ショコラナビでは70以上のブランドからあなたのお好みでブランド検索が可能!理想のブランドを見つけてくださいね。

こちらの記事もおすすめです↓

理想のチョコを探せ!最新チョコジャンルを徹底網羅

2018.06.24

プレゼントなら。お相手別にぴったりなチョコ選びを販売員がレクチャー!

2018.06.14

関連記事一覧