Pâtisserie Jun Ujita

東京・目黒区碑文谷のパティスリー。「『綺麗』よりも『美味しそう』と言われたい」と語る宇治田シェフが作るスイーツは、シンプルながらも飽きの来ない、何度でも食べたくなる美味しさのお菓子達。味わいの幅を広げるBean to Barチョコレート作りにも着手し、その奥深さに夢中、昼夜を問わず試行錯誤を繰り返しています。

Pâtisserie Jun Ujita ブランキャラメリゼバナーヌSold Out

A20210112-3
A20210112-3
A20210112-3
A20210112-3

自家製ホワイトチョコレートをキャラメリゼし、ラム酒をまとわせたドライバナナを合わせたタブレット。
キャラメルの深みのある香ばしさがふわりと口の中に広がるとともに、レーズンのような芳醇な味わいのドライバナナがコクと果実味を加えてくれます。
ただ甘いだけでなく様々な変化が香り・味わい・食感にあり、しつこさや粘っこさがなく、いつまでも食べていたくなる美味しさです。

※こちらの商品はご予約受付中商品です。
 お届けは2月3日~2月10日となりますので、ご了承の上お買い求めください。

送料について

 

販売価格  ¥1,296(税込)

簡易ギフト設定  

※熨斗・掛け紙について

SOLD OUT

お気に入りリスト

宇治田シェフ

キャラメル+バナナ+ラムの組み合わせは、お菓子屋さんにとって王道の組み合わせです。
僕はこういう『王道』に挑戦するのが好きでして、王道って皆が知っているからこそ、個性が出やすいし本当に美味しいと思ってもらえるところまで高めるのが難しい。だから作り甲斐がありますね。

エクアドル産のドライバナナにラム酒を少しだけかけてふやかして、ホワイトチョコレートに加えてキャラメリゼしています。
このキャラメリゼの程度がとても難しかったです。焦がし具合が甘いとミルキーになりすぎますし、やりすぎるとバナナやラムの香りが立たなくなってしまったり、キャラメルの苦酸っぱさが、ラムの香りと合わさって棘が出てしまったります。
温度計だけでは当てにならないので自分の鼻も頼りにして、試行錯誤の末に一番美味しい焦がし具合へと持っていきました。

Pâtisserie Jun Ujita(パティスリージュンウジタ)は、東京・目黒区碑文台のパティスリー。
フランスで修行を積んだ宇治田シェフが作るスイーツは「シンプルな美味しさ」を追求したものばかりです。

看板商品の『タルトカフェ』コーヒーのムースを絞ったシンプルなフォルムは、同業の人に「宇治田さんらしい」と言われるそう

「お菓子を作るときは、まず頭の中で『こんなお菓子を作りたい』とイメージします。そして作り始めるのですが…やっている間に、こっちの方がいいな、やっぱりこっちの方が美味しいな、と、いろんなことを試し始めてしまいます。最終的に、思っていたものと違うところに着地することもありますが、そういう時はだいたい思っていたものよりもずっと美味しいものができます」

試行錯誤を繰り返しながら、お菓子をどんどん美味しくしていくのが好きな宇治田さん。
そうしてできたお菓子は、いつまでも何度でも食べていたくなる、安心感のある美味しさ。
「『綺麗なもの』より『美味しいもの』が食べたい」と思う人にぴったりのブランドです。

原材料名

カカオバター(マレーシア)、全粉乳、ドライバナナ、砂糖、洋酒/レシチン(大豆由来)(一部に乳成分を含む)

内容量

1枚

賞味期限

外装に記載
(発送より14日以上の物をお送りいたします)

保存方法

15℃以下の冷暗所にて保管

このブランドの他の商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています