nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO

東京・日本橋 浜町のチョコレート専門店。
『町づくり』をテーマにしたお店では、お客様を喜ばせる工夫が随所にちりばめられています。
Bean to Barからボンボン、アマンドショコラなど、多彩なチョコレート菓子が並び、いつ訪ねても楽しいお店です。

nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO ボンボンショコラ8個入りSold Out

a00000113
a00000113
a00000113
a00000113
a00000113
a00000113

カカオ豆の産地が異なる4種類、和フレーバー4種類のガナッシュが入ったボンボンショコラ8個のセット。
シェフオリジナルのビーントゥーバーチョコレートをコーティングに使用した、素材感と繊細な手仕事が光る逸品揃いです。

ボンボンショコラ8個入りのフレーバーの内容
1.ブンチャプベトナム
2.紫蘇
3.丹波黒豆きなこ
4.タンザニア
5.山椒
6.ハイチ
7.ブラジル
8.柚子

在庫状態 : 入荷待ち

販売価格  ¥2,860(税別)

SOLD OUT

nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO 村田シェフ
●カカオ豆の産地が異なるボンボンショコラは、それぞれの産地の国旗をイメージしたデザインにしています。
線を引くことで色の違いの雰囲気を出したり、ライスパフをガナッシュに接着することでマークを浮き立たせました。
トリュフフォークや口金を使って、ひとつひとつ手作業で仕上げています。
ベリーのような酸味の『ブンチャプベトナム』

青りんごのような爽やかな香りの『タンザニア』
ナッティな香ばしさ際立つ『ハイチ』
アーシーでクセのある風味の『ブラジル』
これらの4種類は、中のガナッシュの配合比を統一することで、産地ごとの魅力をそのまま味わえるようにしました。

●和フレーバーのボンボンショコラ4種は、コーティング用とガナッシュ用のチョコレートがそれぞれ異なります。
コーティングのミルクチョコレートはカカオ感の強いベトナム産のカカオ豆を使用し、ガナッシュに使うミルクチョコレートはガーナ産カカオ豆をベースに素材の香りを引き立たせるよう、よりミルキーな配合にしています。
このように2種類のミルクチョコレートを用途によって使い分ける事により、カカオの風味とフレーバーを共存させる事ができました。『紫蘇』は大葉の爽やかな香りを最大限に引き出すため、製法にもこだわっています。
生の大葉と、乳脂肪分の少ないミルクを沸かし、ハンドブレードで攪拌粉砕、こしたものをガナッシュに。
この過程で入る大葉の微細な粒により味に自然なムラが出るので、フレッシュな大葉の風味が口いっぱいに広がります。
お客様にも評判の一品です。
『黒豆きなこ』は、丹波産黒豆きなこ特有のざらざらとした質感と、香ばしくナッティーな風味を共にお楽しみ頂けるよう、きなこと生クリームのベストな配合を探りました。
相性抜群のカカオと黒豆きなこ、2つの素材のインパクトある共演をお楽しみ下さい。

『山椒』には、地元京都の錦市場で素材探しをしている時に見つけた乾燥の青実山椒(熟す前に収穫したもの)を使用しています。
山椒と生クリームを一晩漬け込んでから火を入れて、じっくり香りを移しています。
辛味成分が出ないよう潰さずに成分を抽出することで、山椒の爽やかな清涼感のみをボンボンに閉じ込めました。

『柚子』は長年使い続けている馴染みの高知産柚子ピューレを使ったガナッシュをセンター(中心)に。
場所柄、nel CRAFT CHOCOLATE TOKYOには海外からのお客様が来られることも多くあります。
そこで国内外問わず、誰にでも親しみやすいフレーバーを作ろうと思い立った時に、すぐにひらめいたのが柚子でした。
紫蘇や山椒とはまた違った爽やかさの柑橘の香りをお楽しみ下さい。

nel CRAFT CHOCOLATE TOKYOは、日本橋 浜町のチョコレート専門店。
コンセプトは「日本の手仕事を伝える」と「まちづくり」
店内のチョコレートは、すべてカカオ豆から作った自家製チョコレート。
お客様目線で作られた美味しいチョコレートと、多彩なメニューが魅力です。

原材料

チョコレート、カカオバター、生クリーム、バター、ユズ、オオバ、黒豆キナコ、山椒、転化糖、全粉乳、シリアル、リキュール、転化糖、レシチン、着色料青、黄、二酸化チタン(原材料に乳・大豆・小麦)を含む

内容量

8個

保存方法

高温多湿を避け13℃~18℃で保存

賞味期限

外装に記載
(発送より10日以上のものをお送りさせていただきます)

酒類の使用

あり
(酩酊するほどの量ではありません)