パリっ子に大人気!お洒落なハイクオリティーチョコレートブランド『シャポン』

 

今回ご紹介するのは、パリ発のハイクオリティチョコレートブランド『シャポン』

フランス・パリの人気店、シャポンの魅力と人気の秘密をご紹介します。

 

シャポンはパリに6店舗を構える大人気ブランド。

その人気の秘密はパトリス・シャポン氏の豆へのこだわりにあります。

日本で話題になっているBean to barですが実はフランスではシャポン氏が初めて取り入れたスタイル。

シャポン氏自身が豆を選定し作り上げるこだわりのチョコレートは、「チョコレート」=「甘い」=「子供のお菓子」というイメージを完全に覆し、熟練された味覚のパリっ子をうならせる、大人のスイーツとなりました。
Bean to Barって何?という方はこちら→Bean to Barとは?美味しさのヒミツとおすすめのブランドをご紹介

 

そんなシャポン氏のBean to barチョコレートは、2016年のサロン・デュ・ショコラで最優秀タブレット賞も受賞。

ここ自由が丘のショップでは、アーティスティックなパッケージに包まれたBean to barが購入できます。

 

さらに自宅用では1ピース250円から購入が可能!ご自身でいろいろな味を楽しむにはうってつけです。

 

ちなみにこちらのお洒落なパッケージもシャポン氏自らがデザインを手掛けています。

ハイセンスなパリらしいパッケージはプレゼントされたら心が躍りますね!

アートなパッケージも魅力の一つ

 

魅惑の濃厚&リッチテイスト!Bean to Barのムース・オ・ショコラを実食♥️

 

ところでこちらの自由が丘店は日本第一号店なのですが、併設カフェは世界初!

そしてカカオの個性を楽しむといえばBean to Barのところ、ここではムース・オ・ショコラでカカオの風味の違いを楽しめます!

 

存分に空気を含んだふわっとしたムースはそれだけ口の中に広がる香りが濃厚♥️

ビターでカカオの個性の強さが光る大人のデザートとなっています。

ラインナップは6種類、

・エクアドル&ガーナ

・ベネズエラ

・マダガスカル

・エクアドル

・ペルー

・ベネズエラ100% となっています。

今回は三種盛りでマダガスカル、ベネズエラ、ベネズエラ100%をいただきました。

ベネズエラ・・・あまり主張の強くない酸味と苦味の中、こっくりとした風味が印象的な、シンプルでバランスがとれたお味(一番美味しかったです)

マダガスカル・・・ほどよい酸味のあとにフレッシュなミントのような風味が感じられます。コクもしっかりありますが、全体は爽やかにまとまっています。

ベネズエラ100%・・・こちらは上記のベネズエラとのパーセンテージ違いですが、全く違う味に感じられます。酸味がぎゅっと濃縮されつつよりコクが深くどっしりとした風味に。先程では感じなかったナッツ感やウッディな濃厚さで、カカオの力強さを感じます。

 

カカオへのこだわりをしっかり感じる濃厚さ、カカオ好きの方にはぜひともお召し上がりいただきたい逸品でした。

カフェでは他にも、こちらのムース・オ・ショコラをトッピングしたアイスクリームなど、マリアージュを楽しむ品々も。甘めがお好みの方にはこちらがおすすめです!

 

花の都、パリを感じる贅沢なひとときをお楽しみください。

公式ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です