【青いチョコレート】ケルノンダルドワーズってどんな味?チョコ通が食レポ!

こんにちは!チョコを食べるために仕事を辞めたブロガー、フクナガです。

いよいよ始まりました、バレンタイン!

この時期にしか買えない限定チョコレートがバンバン登場する貴重な時期ですね。

今年のキーワードはずばり、『映え』!

味が美味しいだけでなく、目で見ても癒させる美しいショコラの数々が目白押しです。

そんなチョコレートの数々の中でも、ひときわ目を引くのが『青いチョコレート』

こちらはフランスのアンジェという町にある、『ケルノン ダルドワーズ』というお店のチョコレート。

美しいのは見た目でわかりますが、一体どんな味なのでしょうか?

ご縁あって招待していただけた大丸松坂屋様の試食イベントで、その味わいを堪能してまいりました!

大丸松坂屋様、ありがとうございます!!

 

【青いチョコレート】ことケルノンダルドワーズ、どんな味?

【青いチョコレート】ことケルノンダルドワーズはフランスでお土産チョコとして人気

ケルノンダルドワーズの青いチョコレートは、地元であるフランスの町アンジェでは、キヨスクでも売っているほどの人気商品です。

じつはこのチョコレートがこんな色をしているのは、アンジェの街の瓦屋根が伝統的にこの色だから。

アンジェの街の瓦屋根がイメージできるので、お土産品として売れているチョコレートなのです。

 

青いのに…ケルノンダルドワーズのチョコは日本でも大人気

このチョコレートを日本で取り扱うのは、海外のチョコレートの専門通販ショップ『フェリシモ』が一番最初でした。

『フェリシモ』ではバレンタインの時期だけ海外から輸入したチョコレートを販売しています。

『フェリシモ』のバイヤー、木ノ内美里さんの話によると、「青いお菓子なんて日本では売れないんじゃないか?」と思いつつ、あまりの美味しさに輸入を始めたとのこと。

木ノ内美里さんの予想に反して、完売が続出するほどの売れ行きになり、今では『フェリシモ』のチョコレートの中でも一番の人気商品となっています。

 

青いだけじゃない!ケルノンダルドワーズのチョコレートの魅力

美しい青が印象的なケルノンダルドワーズのチョコレートは、自分用にもバラマキにもオールマイティーに使えるのが魅力。

大丸松坂屋で販売されている8個入りのセットは、チョコレート一粒一粒が個包装になっています。

全部ひとりじめで食べるなら、何日かに分けて食べられるのが嬉しいですね。

また、せっかくのキレイなチョコレートなので、せっかくなら誰かとシェアして食べたい!というときにも、個包装なら渡しやすいのでおすすめです。

 

ケルノンダルドワーズの青いチョコレート、試食しました!

うっとりする美しさのケルノンダルドワーズの青いチョコレート、一体どんなお味なのでしょうか?

試食してみました!

ケルノンダルドワーズのチョコレートは、1辺が2cmほど厚みが5mmほどの大きさです。

この青いチョコレートはホワイトチョコレートに青い色を付けたものです。

外側のホワイトチョコレートはしっかりとした甘さですが、重たさはなく、すっと口の中から甘みが抜ける爽やか系ホワイトチョコレートです。

中はアーモンドとヘーゼルナッツのヌガティン(飴かけしたもの)がぎっしり詰まっています。

ちょうどフロランタンをホワイトチョコレートでコーティングしたものだと思うとイメージが近いですね。

一口かじるとカリカリッ、ザクザクッとした食感で、ナッツの香ばしさとチョコレート・キャラメルの甘味がぶわっと広がります。

甘みと香ばしさが口の中いっぱいいっぱいに広がって、たまらない幸福感です。

しっかり甘みがありますが、キャラメルの苦みとわずかに加えられている塩が後味をキュッとまとめ上げてくれるので、くどさはまったくありません。

ついつい「もう一粒!」と食べたくなるような美味しさ。リピート購入者が多いのもうなずけますね。

 

ケルノンダルドワーズの青いチョコレートは大丸以外の通販で買える?

 

ケルノンダルドワーズの青いチョコレートは、大丸松坂屋の通販の他、『フェリシモ』という通販サイトで購入ができます。

ちなみに、大丸の通販では8個入りのみの販売となっていますが、フェリシモでは6個入り缶、2個入り箱の5箱セット、200g入り缶の販売もされています。

フェリシモで販売しているチョコレートは、上記でご紹介したように個包装になっているかは不明です。ご注意ください。

 

ケルノンダルドワーズの青いチョコレート、気になるお値段は?

ケルノンダルドワーズの青いチョコレート、8個入りのお値段は2268円

ケルノンダルドワーズの青いチョコレートは8個入りは2268円(税込)となっています。

1粒あたりで計算すると、283円です。

高級チョコレート界の中では中くらいのお値段と言えます。

ちなみに最も高価なチョコレート(上の上)はブルガリイルチョコラートの一粒あたり1200円です。

百貨店でよく目にするゴディバやラ・メゾン・デュ・ショコラ(上の中)は一粒あたり450円位です。

 

ケルノンダルドワーズの青いチョコレート、6個入り缶、2個入×5箱、200g入り缶のお値段

フェリシモで販売されている6個入り箱、2個入×5箱、200g入り箱のお値段は以下の通りです。

なお、大丸松坂屋の通販では8個入りのみの販売ですが、店頭では他の個数入りの販売もされている可能性があります。

  • 6個入り…1,618円
  • 2個入り箱5セット(10個)…2,805円
  • 200g入り缶(24~26個)…4,748円

 

1粒売りは?

1粒売りの有無は現在調査中です。

もうしばらくお待ちください。

 

ケルノンダルドワーズの青いチョコレートの賞味期限はどのくらい?

大丸松坂屋で販売しているケルノンダルドワーズの青いチョコレートの賞味期限は、製造日から180日間となっています。

発送日ではなく製造日から180日ですので、お気を付けください。

とはいえ180日間といえばほぼ半年。賞味期限が切れる心配はほぼありませんので、売り切れる前に即ゲットがおすすめです。

 

ケルノンダルドワーズの青いチョコレート、どこで買える?店舗はあるの?

ケルノンダルドワーズの青いチョコレートは、日本での販売店舗はないので、店舗で買えるのはバレンタインイベントのみでの購入となります。

通販ではこちらで購入できます↓