HONDURAS/ホンジュラス Sサイズ

カカオ分76%

濃厚で深いコク。

ナッツ、コーヒー、クリーム等豊かなアロマが続きます。

酸味や渋味も少なく、カカオの余韻も長いです。

700円+税

原材料:カカオマス、きび砂糖、カカオバター
賞味期限:商品外箱に記載
(発送日より2カ月以上のものをお送りしています)
内容量:22g
保存方法:高温多湿を避け28℃以下の冷暗所で保存

 

インタビュー!このチョコレートができるまで

Bean to Barチョコレート1枚1枚には、カカオ豆からチョコレートになるまでの間に作り手さんの苦労が詰まっています。

このチョコレートにはどんなこだわりが詰まっているのでしょうか?

BENCINYのオーナー、宮本さんにお伺いしてきました。

宮本さん
こちらのチョコレートの豆は、Bean to Barチョコレートメーカーのダンデライオン・チョコレートさんから入荷したものです。

とても油分が多い豆だったので、カカオバターをほとんど加えないでつくることができました。

もともとの豆が味わい深くて、フルーツ感、苦み、コクなどがバランスよく仕上がっています。

コンチング(カカオ豆を磨砕してすり混ぜる工程)は短めにすることで、ハイチのようなスモーキーな香りも残せましたね。

ちなみにダンデライオン・チョコレートさんではもっとコンチングの時間を伸ばしているので、この香りがなく、もっと丸っこい味になっていると思います。

同じ豆から作ったチョコレートを、Bean to Barブランド違いで食べ比べるのもなかなか楽しいので、ぜひ試してみてください。

食べてみました!このチョコレートの口コミ

ブロガー:みな様
濃厚な珈琲キャラメルクリームのイメージ。

ずっしりとした苦味と、柔らかい酸味、食欲をそそる香ばしさ。

みな様のnoteはこちら

みな様のツイッターはこちら

フクナガ
チョコレートを大人に楽しみたい人に、ぜひ食べていただきたい1枚です。

酸味が控えめで、カカオ豆の自然な甘みとふくよかな苦みが、クリーミーに口の中に広がります。

甘さはひかえめですが、えぐみはまったくないので食べやすく、「苦いものが苦手」という人にもおすすめできます。

どっしりとした重厚感が楽しめる、食べ応えがあるチョコレートです。

 

ABOUT BRANDS

京都のBean to Bar専門店、ベンチーニー。

元フォトグラファーのオーナーが作るチョコレートはこだわりづくし。

味はや口どけはもちろん、パッケージの細部にまでこだわり抜いたチョコレートが、ファンを虜にしています。

Bean to Barブランドの中では珍しく、通常の板チョコの3分の1ほどのサイズのSサイズを用意しています。

豊富なバリエーションを気軽に楽しめるのが嬉しいですね。

 

 

RECOMMENDED ITEM

HAITI/ハイチ Sサイズ

ホンジュラスと同じく、フルーツ感が控え目なのがハイチです。
こちらは燻製のような独特の香りが特徴的。
苦みもえぐみもなくさっぱりと食べられます。

コロンビア・トゥマコ(70%)

ホンジュラスのようにクリーミーなうまみがあるのがCRAFT CHOCOLATE WORKSのコロンビア・トゥマコです。
ミルクがはいっているかのようにクリーミーで、ホンジュラスよりも苦みが少なく食べやすさがあります。
苦いのはあんまり、という人におすすめの1枚です。