GHANA/ガーナ Sサイズ

カカオ分70%

ナッツの香りをベースに、バニラのスパイス感が効いた力強さが特徴。

日本人には親しみやすい味でもあります

400円+税

原材料:カカオマス、きび砂糖、カカオバター
賞味期限:商品外箱に記載 (発送日より2カ月以上のものをお送りしています)
内容量:22g
保存方法:高温多湿を避け28℃以下の冷暗所で保存

 

インタビュー!このチョコレートができるまで

Bean to Barチョコレート1枚1枚には、カカオ豆からチョコレートになるまでの間に作り手さんの苦労が詰まっています。

このチョコレートにはどんなこだわりが詰まっているのでしょうか?

BENCINYのオーナー、宮本さんにお伺いしてきました。

宮本さん
ガーナは僕が一番最初に作った産地のチョコレートです。

ガーナ産のカカオ豆は、豆の中に入っている油分が少なくて、作るのにすごく苦労しました。

カカオ豆の油分が少ないと、成型や取り扱いが難しくて、きれいな形にならなかったり、くちどけが悪くなったりしてしまうんです。

カカオバターを追加すれば取り扱いやすくなりますが、カカオの風味が感じにくく、油っこいチョコレートになってしまいがちです。

なるべく「カカオ豆の味を活かしつつ」「くちどけもよく」「きれいに形を作れる」ように、時間をかけてバランスを整えていきました。

 

食べてみました!チョコブロガーフクナガのコメント

フクナガ
市販のチョコレートにガーナ産が多いせいか、親しみのある食べやすい味です。

香ばしいナッツのふくよかな香ばしさと、ほどよいフルーツ感がバランスよく、「ザ・チョコレート」という味わいです。

たっぷりとした香りや味の重厚感でブレイクタイムにぴったりです。

 

ABOUT BRANDS

京都のBean to Bar専門店、ベンチーニー。

元フォトグラファーのオーナーが作るチョコレートはこだわりづくし。

味はや口どけはもちろん、パッケージの細部にまでこだわり抜いたチョコレートが、ファンを虜にしています。

Bean to Barブランドの中では珍しく、通常の板チョコの3分の1ほどのサイズのSサイズを用意しています。

豊富なバリエーションを気軽に楽しめるのが嬉しいですね。

 

 

RECOMMENDED ITEM

TOGO/トーゴ Sサイズ

ガーナと同じく食べやすい味わいの1枚。
イチゴのようなフルーツ感を濃厚なナッツ感がクリーミーに包み込み、デザートを食べているかのような感覚です。

ガーナ(70%)

同じガーナ産のBean to Barでも、ブランドが違えば違った表情が楽しめます。
CRAFT CHOCOLATE WORKSのガーナもナッツ感が香ばしいですが、よりコクが強く、クルミのように甘みがあります。