注目のブランド&チョコ特集

人気の有名チョコレートメーカーを徹底比較!おすすめはこれだ!

 

photo by @tomo_rin98

 

美味しい高級チョコレート、たくさんブランドやメーカーがあって迷っちゃいますよね?

この記事では人気のチョコレートメーカー7ブランドを、お味、お値段、人気などから徹底比較!

  • 一番美味しいチョコレートは?
  • 一番人気のチョコレートは?
  • 一番コスパが嬉しいチョコレートは?

が丸わかりです!

最後に本命・友チョコ・義理チョコにおすすめなチョコレートもご紹介しちゃいます!

 

目次

今回比較するチョコレートメーカー 7ブランドはこちら

 

今回はこちらの7ブランドを比較します!

どれも最近人気のブランドなので、一度は聞いたこと、見たことがあるのではないでしょうか?

ゴディバ (GODIVA)

photo by @mmaayyou,@hitsujimaster

女性はもちろん男性も、知らない人はいないチョコレートブランド、ゴディバ!

『あのゴディバ』と言えば誰でもテンションが上がる有名高級メーカーです。

 

ラメゾンデュショコラ (LA MAISON DU CHOCOLAT)

photo by @kayan011,@sayutan.307,@nrmxmog

百貨店を中心に、世界でお店を出しているラグジュアリーブランド。

現在のフランスのチョコレート文化を創り出したお店といっても過言ではない、チョコレートを語るには欠かせないメーカーです。

 

ジャン=ポール・エヴァン (JEAN-PAUL HÉVIN)

photo by @mi.cook_a,@hairmake_ayu

世界のチョコレート通を虜にする、研究熱心なショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァンのブランド。

カカオの香り漂う高級感あふれるブティックには、連日行列ができています!

 

ベルアメール (BEL AMER)

photo by @izu_lebonheur

女子の心を掴んで離さない、可愛すぎるチョコレートブランド、ベルアメール。

実は日本のメーカーで、「日本人好みの甘すぎない味」にこだわりが。インスタ映えだけじゃないんですよ。

 

エスコヤマ (es koyama)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by エスコヤマ広報室 (@eskoyamapr) on

日本を代表するショコラティエ、小山進氏のブランド、エスコヤマ。

和の素材を大胆に取り入れたフレーバーは世界のチョコ通を唸らせ、チョコレートの新しい世界を日々開拓しています。

 

レオニダス (Leonidas)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kaori (@28kaor_122) on


本場ベルギーで一番愛されるチョコレートメーカー、レオニダス。

ヨーロッパのように小さなブティックを日本中に出店して、美味しいチョコレートを身近に・手軽に楽しませてくれます。

 

ピエール・マルコリーニ (PIERRE MARCOLINI)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ピエール マルコリーニ オフィシャル (@pierre_marcolini_japan) on


近年人気急上昇中の、気鋭のチョコレートブランドが、ピエールマルコリーニ。

史上最速でベルギー王室御用達にも認定された、今一番勢いのあるメーカーです。

 

チョコレートメーカーを味で比較

今回ご紹介するチョコレートブランドは、どれも一流メーカー。

美味しいチョコレートばかりなのは言うまでもありません。

しかし、やはりそれぞれのブランドで個性があるんですね。

そんなブランドの個性…一言でまとめるとこんな感じです!

  • ゴディバ】
  •  みんな大好きな味。ふんわり、しつこくない
  • 【ラメゾンデュショコラ】
  •  ショコラとフレーバーのマリアージュ
  • 【ジャン=ポール・エヴァン】
  •  どっしりカカオ。ツウ好み。
  • 【ベルアメール】
  •  バリエーション豊か。食べ飽きない!
  • 【エスコヤマ】
  •  新しいチョコレートの世界が広がる
  • 【レオニダス】
  •  こっくり系が得意。満足感◎
  • 【ピエールマルコリーニ】
  •  ジューシーなガナッシュやキャラメル使いが得意

ゴディバの美味しいポイント

ゴディバはベルギーの老舗ブランドで、現在では日本中にお店を構え、たくさんの人に愛されています。

そのため、大人から子供まで楽しめる、甘さも苦みもちょうどいいバランスの味に作られています。

たまに「ビターチョコレートが苦すぎる」「ミルクチョコレートが甘すぎる」というチョコレートがありますが、ゴディバのチョコレートにはそんな心配は全くありません。

さらにゴディバのチョコレートは他のチョコレートメーカーと比べて、粒が少し大きめです。(ベルギーでは伝統的なサイズなのですが)

大きめなのに一口で頬張ってしまってもくどくない、ふんわりと滑らかな口どけに仕上げられています。

最近のチョコレート界では個性的なチョコレートがどんどん流行ってきていますが、個性的なチョコレートは人によっては好き嫌いが分かれるもの。

その点ゴディバのチョコレートは、100年近い歴史に裏付けられた、たくさんの人に愛される間違いない味なんですね。

 

ラメゾンデュショコラの美味しいポイント

ラメゾンデュショコラのチョコレートは、フレーバーとチョコレートのマリアージュを徹底的に追及しています。

チョコレートの美味しさとフレーバーの美味しさが単純に1足す1になるのではなく、それぞれが引きたてあって、何倍にも美味しくなるのがラメゾンデュショコラのチョコレートです。

単純な「イチゴ味のチョコレート」「キャラメル風味のチョコレート」ではなく、「イチゴってこんなに美味しかったんだ…!」「キャラメルってこんなに深い味だったんだ…!」と思ってしまうようなチョコレートです。

お口の中での味わいの変化も計算して作られています。

外側のコーティングのチョコレートが少し溶け、中のフレーバーが香りはじめ、カカオの風味と混ざりあっていく…そんな時間を追うごとの味の変化も楽しめます

 

ジャン=ポール・エヴァンの美味しいポイント

ジャン=ポール・エヴァン氏は「1日24時間常にチョコレートのことを考えている」ともいわれる、非常に研究熱心なショコラティエです。

最近では板チョコレートに乾燥納豆をトッピングしたチョコレートをリリースするなど、チャレンジ精神も旺盛です。

そんな彼のこだわりのチョコレートは、カカオの風味がどっしりと生かされているのが特徴です。

小さな一粒の中にカカオの濃厚な風味とフレーバーの味わいがぎゅぎゅっと濃縮されています。

口に含んだ瞬間、閉じ込められた美味しさが広がる様は、まさに爆発です。

 

ベルアメールの美味しいポイント

ベルアメールのチョコレートは見た目の可愛さで大人気ですが、味にもこだわりがあります。

日本人ショコラティエが「日本人好みの味」をコンセプトに、甘すぎずしつこくない味に仕上げています。

さらに、ドライフルーツやナッツなどのトッピングなども積極的に取り入れ、食感にも変化があって飽きがこないのがポイントです。

フレーバーも他にはなかなかないものを揃えています。

最近ではチョコ界ではかなり珍しい、卵の風味を取り入れたクレームブリュレ味のチョコレートがリリースがされました!

食べやすい・飽きがこない・フレーバーが多彩なので、高級チョコレートだということを忘れて、次から次へと食べてしまいたくなる、危険なブランドです(笑)

 

エスコヤマの美味しいポイント

エスコヤマのチョコレートには、「たまり醤油」「味噌」「奈良漬け」など、まさか!と思われるような素材がどんどん取り入れられています。

「美味しいの?」と思ってしまうような組み合わせですが、チョコレートの世界大会で数々の賞を総なめしている、世界が認めた美味しさのチョコレートなんです。

実際に食べてみると、今まで出会ったことのない美味しさに感動します。

変な味は一切せず、「この美味しさには絶対たまり醤油が必要なんだな…!」ということがすんなりと実感できてしまいます。

まるでたまり醤油がチョコレートのために作られた調味料なんじゃないかと思えるほどの一体感です。

この美味しさを知ってしまうと、普通のチョコレートでは満足できなくなることも…

 

レオニダスの美味しいポイント

レオニダスは、こっくりとした味わいのチョコレートが得意のブランドです。

キャラメリゼしたナッツを粉にした香ばしい『プラリネ』や、カラメルクリームなどを閉じ込めたチョコレートをメインにラインナップしています。

一番人気の『マノンカフェ』というチョコレートは、コーヒー風味のフィリングとプラリネ、ヘーゼルナッツが濃厚なホワイトチョコレートに包まれ、まるで一つのケーキのよう。

一粒でしっかり満足感のあるチョコレートです。

ティータイムにぴったりのチョコレートと言えばレオニダスですね。

 

ピエールマルコリーニの美味しいポイント

ピエールマルコリーニのチョコレートは、とてもジューシーなフルーツ味のガナッシュや、キャラメルソースが入っているのが魅力です。

ガナッシュやソースは、トロっとしていてとても口どけがよく、濃厚なのに全く重さを感じずに口の中にさっと広がります。

少し遅れて外側のチョコレートがとろけていき、カカオの風味とガナッシュやソースの風味が混ざりあっていきます。

風味の変化がいつまでも楽しめて、飲み込んでしまうのがもったいない美味しさです。

 

チョコレートメーカーを人気で比較

続いては、それぞれのメーカーの人気はどうなのか?比較してみましょう!

どれも人気ブランドなのですが、それぞれに違ったファンの人がたくさんいるんです。

でもやっぱり、一番の人気はゴディバですね!

  • 【ゴディバ】
  •  もはや殿堂入りの一番人気!老若男女、自分用からビジネス用途まで幅広く人気!
  • 【ラメゾンデュショコラ】
  •  チョコ好きだけでなく、食通の人達やフランス好きのマダムに人気!
  • 【ジャン=ポール・エヴァン】
  •  チョコレート通の間で大人気!カフェやブティックはいつも混んでます。
  • 【ベルアメール】
  •  若い女性に大人気!インスタのチョコレートの投稿数は最多!
  • 【エスコヤマ】
  •  チョコレート通の間で大人気!お店が少ないのでお取り寄せする人多数。
  • 【レオニダス】
  •  コスパ重視派に人気!普段食べ用にもファンがたくさん
  • 【ピエールマルコリーニ】
  •  若い女性中心に人気!バレンタイン催事ではいつも長蛇の列!

チョコレートメーカーをお値段で比較

チョコレートメーカーを比較するときに欠かせないのが…お値段ですね!

それぞれのメーカーのチョコレートがどのくらいのお値段なのか比較しました。

一番高級なブランドはラメゾンデュショコラ、プチプラでコスパ抜群なのはレオニダスでした!

  • 【ラグジュアリー】
  •  ラメゾンデュショコラ…6粒2700円
  •  ゴディバ…6粒2700円
  • 【リッチ】
  •  エスコヤマ…4粒1620円
  •  ジャン=ポール・エヴァン…6粒2200円
  •  ピエールマルコリーニ…6粒2200円
  • 【お値ごろ】
  •  ベルアメール…6粒1600円
  • 【プチプラ!】
  •  レオニダス…18粒3300円

チョコレートメーカーを受賞歴で比較

世の中にはたくさんのチョコレートブランドがありますが、中でも優れたチョコレートブランドは、様々な賞を受賞したり、王室御用達などの認定を受けています。

人気チョコレートメーカーがどんな賞を持っているかを比較してみました!

実は日本のエスコヤマは、フランスのチョコレート格付けクラブC.C.C.でゴールドタブレットを受賞、世界のチョコレートの大会ICAでも最多受賞記録を持つなど、特に高い評判のブランドなんです!

 

フランス最優秀職人章M.O.F.受章ショコラティエは?

フランス最優秀職人章M.O.F.は、「フランスの文化を守り、伝えるのにふさわしい職人」に与えられる称号です。

日本でいう人間国宝のように、卓越した技術が必要なのはもちろん、技術の伝承・啓発にも取り組む職人に贈られる称号です。

ラメゾンデュショコラのショコラティエ、二コラ・クロワゾー氏とジャン=ポール・エヴァン氏はどちらもこのM.O.F.に認定された、フランスを代表するショコラティエです!

さらに、二コラ・クロワゾー氏が受賞しているのは、受章者が19名しかいない『ショコラティエ部門』の受章者です。

選び抜かれたショコラティエの1人と言えますね。

M.O.F.についてさらに詳しくはこちら

チョコレートの人間国宝『M.O.F.』とは?日本でも買えるブランドをご紹介

2018.06.15

 

ベルギー王室御用達認定メーカーは?

続いて、チョコレートの本場、ベルギーで『王室御用達』に認定されているメーカーをご紹介します。

『ベルギー王室御用達』とは、日本の『皇室御用達』のように「王室の方々が口にされているものです」と証明する称号です。

認定には厳しい審査がある上、一度認定されても5年に一度の再審査が行われます。

今回ご紹介したベルギーのチョコレートメーカー、ゴディバ・レオニダス・ピエールマルコリーニの3ブランドは、全て『ベルギー王室御用達』に認定されています!

中でもピエールマルコリーニはブランド創設から、近年まれにみる速さで王室御用達に認定されたということで、一躍有名になりました。

 

C.C.C.ゴールドタブレット受賞ブランドは?

『C.C.C.』とは、『Club des Croqueurs de chocolat』の略。フランス語で『チョコレートをかじる人のクラブ』です。

フランスのチョコレート格付けクラブの名前で、毎年チョコレートの祭典、『サロン・ド・ショコラ』で優秀なチョコレートブランドを表彰しています。

その最高賞が『ゴールドタブレット』です。

現在フランスのチョコレートメーカー57ブランド、フランス以外のチョコレートメーカー10ブランドがゴールドタブレットを受賞しています。

ゴールドタブレットを受賞しているのは、ラメゾンデュショコラ、ジャン=ポール・エヴァン、ピエールマルコリーニ、そして日本のエスコヤマです。

ちなみに、このクラブの創設自体が、ラメゾンデュショコラの創業者、ロベール・ランクスの影響だったそうですよ。

C.C.C.についてさらに詳しくはこちら

チョコレート格付けクラブ『C.C.C』とは?ガイドブックを入手しよう!

2018.07.18

 

インターナショナルチョコレートアワード受賞ブランドは?

『インターナショナルチョコレートアワード』(ICA)は、世界中から応募してきたチョコレートの中から、特に優れたものを表彰する大会です。

審査基準や過程が全て公開されていて、客観的で公平な審査を行っているのが特徴です。

審査は「普通のミルクチョコレート」「中にザクザクしたものが入っているミルクチョコレート」など、とても細かく分けられた部門ごとに行われています。

このICA世界大会で、日本のチョコレートメーカーのエスコヤマは、なんと最多部門受賞記録を持っています!

エスコヤマはお店の数が少ないのであまり知名度は高くないのですが、まさしく日本を代表するチョコレートメーカーと言っても過言ではありませんね。

ちなみに受賞したチョコレートの中には「奈良漬け」や「味噌」など驚きのフレーバーの物も…!

ICAについてさらに詳しくはこちら

世界のチョコレートコンテスト『ICA』とは?受賞チョコレートを完全網羅!

2018.06.18

 

チョコレートメーカーをおしゃれ度で比較

味だけでなく、見た目も楽しめるのがチョコレートの嬉しいところ!

チョコレートのおしゃれ度でも比較してみましょう!

比較してみると…インスタ映えするチョコレートは、断然ベルアメールのチョコレートでした!

おしゃれ度★★★ ベルアメール

photo by @izu_lebonheur

こちらはベルアメールの看板商品、『パレショコラ』

パッと目を引く華やかなチョコレートは、他のメーカーのチョコレートにはありませんね。

箱を開けた瞬間心が躍る、プレゼントにぴったりのチョコレートです。

 

おしゃれ度★★☆ ピエールマルコリーニ、ゴディバ

photo by @cmdy_aya,@mmaayyou

ピエールマルコリーニ、ゴディバのチョコレートは、クラシックなデザインのチョコレートの中に、ハートやタツノオトシゴなどの、遊び心があるチョコレートが。

シンプルで高級感があるだけでなく、気持ちがほころぶデザインです。

 

おしゃれ度★☆☆ ラメゾンデュショコラ、ジャン=ポール・エヴァン、エスコヤマ、レオニダス

photo by @kangyoori412,@nrmxmog,@yuka51111,@hairmake_ayu

ラメゾンデュショコラ、ジャン=ポール・エヴァン、エスコヤマ、レオニダスは、いずれも高級感をしっかり出したデザインのブランド。

上品なシンプルさに、味への期待が高まりますね。

 

一番おすすめなチョコレートはこれだ!

 

今回は人気のチョコレートメーカーを味やお値段、おしゃれ度など、いろいろなポイントで比較してみました!

どのブランドにもいろいろ個性やすごいところがありましたね。

最後に、バレンタインやプレゼントに一番おすすめしたいメーカーを1つ、ピックアップします!

 

本命におすすめは『ジャン=ポール・エヴァン』!

photo by @mi.cook_a,@hairmake_ayu

本命におすすめなのは『ジャン=ポール・エヴァン』のチョコレートです!

世界のチョコ好きを唸らせる『ジャン=ポール・エヴァン』のチョコレートなら、味にうるさい彼でもばっちりです。

味もカカオの風味がどっしりしていて男性向きなのもポイント。

高級感あふれるシンプルなデザインはまさしく本命にピッタリのチョコレートです。

 

友達におすすめは『ベルアメール』!

photo by @izu_lebonheur

友達にあげるなら、『ベルアメール』のチョコレートがおすすめです!

他のブランドにはない可愛らしいチョコレートは、見ただけで嬉しくなってしまう女子が多数!

看板商品の『パレショコラ』はお店ではバラ売りもしています!予算に応じてお好きなものをチョイスしてプレゼントしちゃいましょう!

 

義理チョコにおすすめは『レオニダス』!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kaori (@28kaor_122) on


 

義理チョコとして渡すなら、『レオニダス』が一番おすすめです!

プチプラなのにベルギー王室御用達の美味しさで、上司にも同僚にも間違いなく喜んでもらえます!

ティータイムにぴったりなチョコレートで、周りの人に癒しをプレゼントしましょう♪

 

それぞれのブランドをもっと詳しく&購入ページはこちら

 

関連記事一覧