BENCINY

京都発のBean to Barチョコレートブランド。
カカオの個性を活かしつつ、オーナーが納得のいく美味しさまで練り上げる。

BENCINY HAITI/ハイチ Sサイズ

A000017
A000017
A000017
A000017
A000017
A000017

スモーキーな独特の香りがウイスキーのお供にピッタリ。
口どけとともに甘みが引き立ち、キャラメルのようなマイルドな味わいへ。

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥500(税別)

簡易ギフト設定  

数量  

原材料名

カカオマス、きび砂糖、カカオバター

内容量

22g

賞味期限

外装に記載
(発送日より2カ月以上先の物をお送りいたします)

保存方法

高温多湿を避け28℃以下の冷暗所で保存

カカオ分

70%

挽きたてコーヒーを思わせる、豊かな香りとキレのある苦み。
軽やかで爽やかな苦みは、モーニングコーヒーのように気分をすっきりさせてくれます。
口の中でゆっくり溶かすと、クランベリーのようなニュアンスも。
お酒とあわせるならウィスキーや赤ワインがおすすめです。

京都のBean to Bar専門店、ベンチーニー。

元フォトグラファーのオーナーが作るチョコレートはこだわりづくし。

味はや口どけはもちろん、パッケージの細部にまでこだわり抜いたチョコレートが、ファンを虜にしています。

Bean to Barブランドの中では珍しく、通常の板チョコの3分の1ほどのサイズのSサイズを用意しています。

豊富なバリエーションを気軽に楽しめるのが嬉しいですね。

 

宮本さん
ハイチは食べてもらうと独特な香りがしますよね?

最初はこの香り、お客さんに受け入れてもらえないんじゃないか…と自信がなかったんです。

ところが試食してもらったら意外と大人気。

お酒好きの年配の方にかなり気に入ってくださった方がいましたし、お子様でもバクバク食べられる方もいらっしゃいました。

当店の外せないレパートリーになりましたね。

ちなみにこの香り、別の農園のカカオ豆にはありませんでした。

オーガニック農法を取り入れている農園のカカオ豆にしたら、この香りになったんです。

カカオの自然の味わいが詰まっているってことなんですかね。

ブロガー:みな様
キリッとした苦味と明るい酸味、上品なブラック珈琲のイメージ。

ワイルドな野草のような香り。

濃厚なキャラメルも。

みな様のnoteはこちら

みな様のツイッターはこちら

フクナガ
焙煎したてのコーヒーのような、きりっとしたビターな香り。
口にふくむと『ザ・ビターチョコレート』というイメージの、程よい苦みと香ばしさ。
わずかにヨーグルトのような酸味があり、キレがさらに引き立ちます。
雑味がなく爽やかな食べ口は朝の目覚めにぴったりです。