エドワートのチョコレートってどんな味?チョコ通が食レポ! | ショコラナビ

食べてみた&行ってみた

エドワートのチョコレートってどんな味?チョコ通が食レポ!

こんにちは!チョコを食べるために仕事を辞めたブロガー、フクナガです。

いよいよ始まりました、バレンタイン!

この時期にしか買えない限定チョコレートがバンバン登場する貴重な時期ですね。

そんなこの時期にしか買えないチョコレートブランド、『エドワート』をご存知でしょうか?

エドワートは高級チョコレートの本場、フランスで高い評価を受けているブランドです。

ふだん日本にいる私たちにはなかなか馴染みのないブランドですが、2019年のバレンタイン、大丸松坂屋のバレンタインフェアに初登場しました!

エドワートのチョコレートの特徴は、カレーやウーロン茶など、意外な食材を組み合わせた味わいです。

一体どんなお味がするのでしょうか?

ご縁あって招待していただけた大丸松坂屋様の試食イベントで、その味わいを堪能してまいりました!

大丸松坂屋様、ありがとうございます!!

 

エドワートのチョコレート、どんな味?

エドワートのチョコレートは本場フランスで高評価

フランスのショコラブランド、エドワート。

高級チョコレートの本場、フランスで高い評価を受けるショコラブランドです。

どのくらい評価が高いかというと、チョコレート版ミシュランガイドとと言われる『C.C.C』で最高金賞に輝くほど!

『C.C.C.』の最高金賞と言えば、ラ・メゾン・デュ・ショコラやジャン=ポール・エヴァンなどの日本でも大人気の超有名ブランドも受賞している賞です。『C.C.C.』についてもっと詳しくはこちら→C.C.C.とは?

エドワートのチョコレートの特徴

エドワートのチョコレートの特徴は、意外なフレーバーを取り入れいているところ。

マスカルポーネチーズにゴマ、ショウガや桜、なんとカレーまで!

一見すると美味しいの?と思ってしまうようなフレーバーのチョコレートがめじろ押しです。

でも、じつはこれはチョコレート界のひとつのトレンドと言えます。

日本でもおなじみの高級ブランド、『ジャン=ポールエヴァン』が納豆のチョコレートを作ったり、

日本のブランド『エスコヤマ』が作った奈良漬けを使ったチョコレートが世界のチョコレートの大会で優勝したり、

と、意外な食材とチョコレートの組み合わせは、ひとつのブームになっているのです。

もちろん、ただ混ぜただけでは美味しくなりようもありません。

しかし、実力のあるショコラティエの手にかかれば、チョコレートの持つ風味と意外な食材が見事にマッチング。

ちょうどスイカに塩をかけたように、チョコレートの味わいが引き立って、新感覚の美味しいチョコレートが生まれるのです。

エドワートのチョコレートはたぐいまれなる実力で、チョコレート界のトレンドを先取りした最新鋭のブランドということです。

その味わいに期待が高まりますね!

 

エドワートのチョコレート、『バレンタインセレクション』9個入りの詰めあわせの味は?

エドワートのチョコレートはどんな味が詰め合わせされているのでしょうか?

意外な食材ばかりと言われると、気になりますよね。

大丸松坂屋で販売しているエドワートのチョコレート『バレンタイン・セレクション』には、以下の9種類のフレーバーが詰め合わせされています。

パリで受賞歴のあるショコラがセレクトされています。

 

  1. ファチアヴァナ…はちみつ・フルーツ・スパイスの風味が効いたミルクガナッシュ
  2. タージマハール…ほんのり塩味が効いたインドカレーのプラリネ
  3. マスカルポーネ…マスカルポーネチーズを使ったミルキーでソフトなガナッシュ
  4. リトル・ビッグ・ロック…アーモンドとヘーゼルナッツのプラリネ
  5. 日本のバレンタイン限定!桜フレーバーのガナッシュ
  6. ミル・エ・ユヌ・ニュイ…ゴマの後味がかおるプラリネ
  7. ラ・プロヴァンス…香草『タイム』と、ヒースの花のはちみつのガナッシュ
  8. イマキュレ…ココナッツの香りを楽しむプラリネ
  9. ウーロン茶…台湾産のウーロン茶の柔らかい苦みのガナッシュ

 

プラリネとは、アーモンドなどのナッツ類をキャラメリゼして細かく挽き、粉にしたものです。

ナッツの香ばしい香りとチョコレートの組み合わせを楽しむことができます。

なかでも注目は、日本限定のフレーバー、桜のフレーバーです!

こちらのハート型のひと粒は、日本のバレンタインのために作られた特別なガナッシュです。

桜の味の甘いものといえば桜餅。

ほんのりとした塩味と桜の風味が美味しいですが、チョコレートになるとどのような味わいなのでしょうか。

ぜひ食べて確かめてみたいですね。

 

エドワートのチョコレート、試食しました!

今回はエドワートのチョコレートの中でも、アーモンドとヘーゼルナッツの両方を贅沢に使用したプラリネの『リトル・ビッグ・ロック』を試食しました!

『リトル・ビッグ・ロック』は、アーモンドとヘーゼルナッツ、ふたつのナッツを使った贅沢なプラリネのチョコレートです。

四角いシンプルなフォルムの中に、ナッツの粒がうっすらと透けて見えます。

半分に切ってみると、ナッツの香ばしい香りがふわっと広がります。

ナッツをキャラメリゼして粉にした『プラリネクリーム』が詰まっているので、香ばしいのは当たり前ですが、

アーモンドの皮を思わせる少しビターな香りと、ヘーゼルナッツの甘みを感じる重層的な香りが印象的です。

中にナッツの粒がごろっと入っているのもわかります。

口に入れてみると、ナッツの粒のしっかりした歯ごたえ、プラリネクリームのシャリシャリした歯ごたえを感じつつ、チョコレートがスッと溶けて広がります。

切ったときに感じたかぐわしい香りがより強く広がり、鼻の奥まで香ばしさに満たされます。

アーモンドのコクのある味わいが口中に広がりますが、重たさやオイリーな感じはなくあくまで上品。

飲み込んだ後は舌から喉の奥にかけてヘーゼルナッツの優しい甘みとうま味がのこります。

歯ごたえ、香り、味わいと、どの要素をとっても奥行きがあり、非常に食べ応えのある一粒でした。

 

エドワートのチョコレートは大丸以外の通販で買える?

 

エドワートのチョコレートは、大丸松坂屋の通販の他、AmazonやYahooショッピングでも購入が可能です。

ちなみに、大丸の通販では9個入りのみの販売となっていますが、YahooショッピングとAmazonには4個入りや16個入りなど他の個数の販売もされています。

YahooショッピングとAmazonで販売されているセットの詰め合わせ内容は、上記でご紹介したものと異なりますのでご注意ください。

エドワートのチョコレート、気になるお値段は?

エドワートのチョコレート9個入りのお値段は3360円

エドワートのチョコレートは9個入りは3360円(税込)となっています。

1粒あたりで計算すると、373円です。

高級チョコレート界の中では中の上くらいのお値段と言えます。

日本での知名度が低いためか、フランスの最高金賞を受賞したチョコレートにしては手の届きやすいお値段となっていますので、コスパのいいブランドと言えます。

ちなみに最も高価なチョコレート(上の上)はブルガリイルチョコラートの一粒あたり1200円です。

百貨店でよく目にするゴディバやラ・メゾン・デュ・ショコラ(上の中)は一粒あたり450円位です。

 

エドワートのチョコレート、4個入り、16個入り、25個入りのお値段

Yahooショッピングで販売されている4個入り、16個入り、25個入りのお値段は以下の通りです。

なお、大丸松坂屋の通販では9個入りのみの販売ですが、店頭では他の個数入りの販売もされている可能性があります。

  • 4個入り…1,660円
  • 9個入り…3,360円
  • 16個入り…5,790円
  • 25個入り…8,900円

 

1粒売りは?

残念ながら一粒売りはありません。

いきなりひと箱を買うのはちょっと気が引けてしまいますよね。

ひと粒売りがあればお試し気分で買えるので嬉しいところですが、残念ながら一粒売りはしていないようです。

しかし、大丸松坂屋の催事場に行けば、試食は用意されている可能性があります。

試食は日によっては無くなってしまったり、店舗によって用意されていないこともあるので、食べられるかどうかは運です。

 

エドワートのチョコレートの賞味期限はどのくらい?

エドワートのチョコレートの賞味期限は、製造日から30日間となっています。

発送日ではなく製造日から30日ですので、お気を付けください。

つまり、早く買えば早く買うほど、早い賞味期限の物が届いてしまいますので、バレンタインのプレゼントとして渡す場合は、1月の下旬ごろに購入しましょう。

 

エドワートのチョコレート、どこで買える?店舗はあるの?

エドワートのチョコレートを買うには、以下の方法があります。

  1. 【店舗】大丸松坂屋の店舗で買う
  2. 【店舗】長野のボングー・ショコラで買う
  3. 【通販】大丸松坂屋の通販で買う
  4. 【通販】ボングー・ショコラの通販(YahooショッピングかAmazon)で買う

 

通販の購入サイトはこちらです↓

 

 

関連記事一覧