ローチョコレート

非焙煎のカカオ豆で作るローチョコレートは、カカオの栄養が生きたまま。
古代は薬として使われていたカカオ豆。そのパワーを毎日に取り入れてください。

ChocoReko 68%カシュー苺ミルクSold Out

a20190802-2
a20190802-2
a20190802-2
a20190802-2
a20190802-2
a20190802-2

体に嬉しい栄養がたっぷり詰まったローチョコレートに、
真っ赤なフリーズドライの苺を贅沢にトッピング。
有機カシューナッツを使用した、マイルドで食べやすいチョコレートに、苺の酸味がアクセントになっています。
リピート買い多数の定番フレーバーです。

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥1,560(税別)

簡易ギフト設定  

SOLD OUT

狩野シェフ

ChocoRekoのチョコレートは、身体が喜ぶ栄養素が豊富なローチョコレートです。
使用している材料は『オーガニック』『無添加』『原材料からなるべく近いもの』をキーワードに、
誰にでも安心して食べていただけるチョコレート作りをしています。

でも、ただこだわって作っているだけでは、お客様に手に取っていただけません。
そこで、「これなんだろう?」と思ってもらえるような、心が躍るカラフルなチョコレート作りを手掛けています。

このチョコレートは『思わず手を取りたくなるような、カラフルなチョコレート』を目指して開発をしました。
フレーバーを苺にしたのは、『ミルクといえば苺ミルク!』という単純な発想からです(笑)

とはいえ、ビターチョコレートに苺を合わせるより、ミルクチョコレートに合わせるほうが苺が際立って美味しい!
苺の美味しさを楽しみつつ、まろやかで食べやすいミルクチョコレートの美味しさも味わえる、鉄板フレーバーになりました。

ChocoRekoは、埼玉県に在住の、狩野玲子さんのローチョコレート専門ブランド。
お店は構えず、ローチョコレートの教室を開きながら通信販売でチョコレートを届けています。

ChocoRekoのローチョコレートは、体にいいだけではありません。
見ているだけで気持ちが高まる、美しく華やかなデザインも魅力のひとつです。

通常のチョコレートと違って、ローチョコレートを美しく作るには、技術が必要。
でも、毎日試行錯誤を繰り返していけば、徐々に徐々にできるようになっていくと、狩野さんは言います。

「ありふれた日々は、ほんの少し手間をかければ、彩り豊かなものになっていきます。
『自分でも、美味しくて美しいチョコレートを作れる』
そんな楽しさを伝えていきたいですね。」

原材料

有機カカオバター、有機カカオパウダー、有機椰子糖、有機カシューナッツ、苺パウダー、フリーズドライ苺、塩

内容量

1個

保存方法

直射日光、高温多湿を避け20度以下のなるべく一定の温度で保存

賞味期限

外装に記載
(発送より14日以上のものをお届けします)

カカオ分

68%