Chocolate Jungle

『何が出てくるかわからない、ワクワク感とドキドキ感』をテーマにした社会貢献ブランド。「どうしてこんなに美味しいんだろう?」と生産地に目を向けてもらうべく、世界中のレアなナッツや高品質の素材を使ったチョコレート作りを行います。

Chocolate jungle ベネズエラ50%ミルク

A20221109-5
A20221109-5
A20221109-5
A20221109-5
A20221109-5

世界的に有名なチュアオ産のカカオを提供する『Empresa Campesina de Chuao』のカカオ豆を使用。
黒糖のようなミネラル感と甘味。

送料について

販売価格  ¥972(税込)

数量  

※熨斗・掛け紙について

ベネズエラ・ボリバル共和国の北部に位置する地域、チュアオ。山と森に囲まれ、外部から隔絶された環境のこの地では、伝統的な方法でカカオ豆が生産されています。

現地の農家の人々が「歌と共にある」と語るカカオ農業。教会のパティオ前に広げられたカカオ豆は、農家が歌うカカオの歌を聴きながら、場所を移動していきます。床面が荒いところから平滑な面へと運ばれるにつれ、かき混ぜられ、ゆっくりと均一に乾燥していくカカオ豆。この工程が、チュアオ産カカオ豆の特徴ともいえる、酸がきつすぎない豊かな果実感を引き出しています。
チュアオの理想的な土壌と灌漑システム、気候で育まれたカカオ豆を磨きあげるこの伝統農法。その歴史は450年にも及び、マイルドで繊細な風味は世界に名だたるものとなっています。チョコレートジャングルはこのカカオ豆を公式に買える企業としてパートナーシップを結ぶとともに、寄付によって現地に衛星基地局を設置しネット環境を提供しています。

パッケージはアフリカ・ルワンダで洋裁や絵画制作指導を通じ、若者の脱貧困に取り組む画家鈴木掌さんのデザイン。
現地の子供が描いた絵画を日本や米国で販売・売上を還元しており、作品から感じられるアフリカ人ならではの感性に「アートでアフリカの地位を上げたい」とも語ります。

チョコレートジャングルは「ジャングルの中のワクワク感とドキドキ感」をテーマにした社会貢献ブランドです。高品質なカカオ豆と世界中の未知の原料を使った商品を通して、生産地へと目を向け、その支援の必要性を訴えていきます。

ブランドを立ち上げたのは株式会社立花商店でカカオトレーダーを務める生田さん。『高品質なカカオ豆を大きな規模で買える市場が、圧倒的に不足している』と考えています。
「豆のポテンシャルは高く発酵したら美味しいカカオ豆ができるのに、カカオバター向けの市場しかないから発酵工程を経ずに出荷されるケースもある。市場さえあれば、品質の高い豆はもっとたくさん生産できる」
生活の安定を求める農家と、より美味しいチョコレートを求める消費者の為に、新しい市場の開拓に挑みます。

原材料

砂糖(国内製造)、カカオ豆、ココアバター、全粉乳/乳化剤(大豆由来)

内容量

50g

賞味期限

外装に記載
(発送日より14日以上のものをお送りします)

保存方法

高温多湿を避け、28℃以下で保存してください

    この商品を購入された方のみレビュー投稿できます。
    (会員ログインが必要です)
    ログイン

    このブランドの他の商品

    Bean to Barの他の商品