Chocolate Jungle

『何が出てくるかわからない、ワクワク感とドキドキ感』をテーマにした社会貢献ブランド。「どうしてこんなに美味しいんだろう?」と生産地に目を向けてもらうべく、世界中のレアなナッツや高品質の素材を使ったチョコレート作りを行います。

Chocolate jungle ウガンダバニラホワイト×ホールニブ

A20221109-7
A20221109-7
A20221109-7
A20221109-7

生の丸ごとカカオ豆『ローホールカカオニブ』に、カカオと同じ産地のバニラで香りづけしたホワイトチョコレートをコーティング。
あっさりとした甘さと上品なバニラの香りに、カカオの優しい香ばしさがマッチしています。
バニラ・カカオはいずれもウガンダのFarm of africaの生産品。『ホールカカオニブ』の使用は、現地に加工業という新たな雇用も生み出します。

送料について

販売価格  ¥1,080(税込)

数量  

※熨斗・掛け紙について

「アフリカの真珠」とうたわれる緑豊かなウガンダ。しかしこの地で生産されるカカオ豆は、農家の発酵・乾燥に関する知識不足や現金化を急ぐという理由で、ココアパウダーやココアバター用の低価格・低品質なものとして取引されてきました。
そんな中、『Farm of Africa』は高品質なカカオとバニラの農園経営に取り組んでいます。


農家に農薬を使わないよう指導し、農家やスタッフへ技術や知識の指導体制を整え、清潔な乾燥所・発酵所を整備。卸先とのコミュニケーションも欠かさずに発酵工程へとフィードバックしていく誠実な取り組みが実を結び、Bean to Barメーカーから「豆の味がクリアになった」と評価される人気のサプライヤーとなっています。
品質や成果に見合った評価と対価を得られることは、ウガンダの人々の誇りに繋がっているそう。更に特徴的な活動として、『ローホールカカオニブ』の生産を行っています。

通常、カカオ豆は焙煎して皮を剥がしやすくし、粉砕して皮を除去した後チョコレートに加工されます。一方こちらの『ローホールカカオニブ』は、生のカカオ豆を、形が崩れないよう一粒一粒皮を剥いて作られます。カカオの皮剥きはアーモンドの皮を剥がすようにとてもデリケートな作業なので、機械では行えません。そのため、現地に農作業以外の加工業という雇用を増やすことに繋がります。


『ローホールカカオニブ』は焙煎したカカオ豆よりも苦みが少なく、野菜や豆に似たフレッシュな味わいが楽しめます。『カカオ豆の本来の味』を感じられるとも言ってもよく、そこに、同じ生産者のバニラを鞘ごと練りこんだホワイトチョコレートをコーティング。ほんのりとチョコレートの香りがする芳醇なバニラの香りはホワイトチョコレートの乳成分の癖を消してくれて、とても相性がいいです。ホワイトチョコレートも脱脂粉乳を使用しあっさりとした味わいなので、バニラとローカカオの優しく繊細な風味を楽しめます。

チョコレートジャングルは「ジャングルの中のワクワク感とドキドキ感」をテーマにした社会貢献ブランドです。高品質なカカオ豆と世界中の未知の原料を使った商品を通して、生産地へと目を向け、その支援の必要性を訴えていきます。

ブランドを立ち上げたのは株式会社立花商店でカカオトレーダーを務める生田さん。『高品質なカカオ豆を大きな規模で買える市場が、圧倒的に不足している』と考えています。
「豆のポテンシャルは高く発酵したら美味しいカカオ豆ができるのに、カカオバター向けの市場しかないから発酵工程を経ずに出荷されるケースもある。市場さえあれば、品質の高い豆はもっとたくさん生産できる」
生活の安定を求める農家と、より美味しいチョコレートを求める消費者の為に、新しい市場の開拓に挑みます。

原材料

カカオ豆(ウガンダ産)、ココアバター、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、バニラビーンズ/乳化剤(一部に乳成分・アーモンド・大豆を含む)

内容量

90g

賞味期限

外装に記載
(発送日より14日以上のものをお送りします)

保存方法

高温多湿を避け、25℃以下で保存してください

    この商品を購入された方のみレビュー投稿できます。
    (会員ログインが必要です)
    ログイン

    このブランドの他の商品

    チョコレート菓子の他の商品