CROKKA

カカオに特化したお菓子ブランドCROKKA(クロッカ)。ローストしたカカオ豆そのものや、カカオ豆の美味しさを味わうブラウニーなど、お菓子屋さんでは買えないマニアなアイテムを展開しています。

CROKKA brittle(ブリトル)

A20190922-2
A20190922-2
A20190922-2
A20190922-2
A20190922-2

『カカオ』そのものの美味しさが満喫できる、ザクザクとした新食感のブラウニー。
カジュアルな手土産におすすめのオリジナルボックス入り。

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥1,370(税別)

数量  

クロッカ:福村さん

こちらのお菓子のコンセプトは『「チョコレート」ではなく、「カカオ豆」を味わうお菓子』です。
みなさん、チョコレートはよく食べる機会があると思いますが、その原材料の『カカオ豆』の味は、よくわかりませんよね。
その『カカオ豆の美味しさ』がそのまま楽しめるのが、この『brittle(ブリトル)』です。

じつは私たちは『Whosecacao(フーズカカオ)』という、カカオ豆の栽培・卸販売を行う会社を運営しています。
私たちが育てるカカオ豆は、雑味が少なく、上品な香りをもった、高い品質の豆です。
その豆の美味しさを味わっていただくために、まるでカカオをそのまま食べているようなお菓子を作りました。

まず、工夫したのは食感です。
カカオ豆を焙煎したものはザクザクとした食べ応えのある食感をしています。
そこで、そんなカカオ豆のザクザク感をbrittleでも楽しんでもらえるように、ザクザクとした新食感の生地にしました。
さらに、表面にカカオ豆を焙煎して砕いた、『カカオニブ』というものを散らして、ザクザク感をアップしています。

さらに、工夫したのは『香り』と『味』です。
カカオは、カカオ独特の鼻を通り抜ける上品な香りと、ほのかな苦みが特徴です。
その香りと味をしっかり感じられるよう、生地にはカカオをすりつぶした『カカオマス』をたっぷりと使用しています。
さらに生地の表面にカカオ100%のカカオニブを散らしているので、香りや味がよりダイレクトに感じられます。
カカオの味と香りを邪魔しないよう、香料は一切使用せず、なるべく余分なものを入れないように作りました。

チョコレートによく似た、でも、もっともっと香ばしい『カカオの美味しさ』が、
このお菓子を通じてわかっていただけると思います。

 

CROKKA(クロッカ)は、『素材から、カカオの “カタチ”を再発見する。』をコンセプトに、
カカオに特化したお菓子を作るブランドです。

ブランドを運営するのは、若干26歳で『Whosecacao(フーズカカオ)』という会社を立ち上げた、福村さん。
福村さんはフーズカカオで、カカオ豆の栽培と卸販売を手掛けています。

もともとチョコレート好きだった福村さんは、あるとき旅行で訪れたカカオ農園で、カカオ豆が粗雑に扱われているのを見てショックを受けたそう。
「もっとていねいに、きちんとした管理の下でカカオ豆を扱えば、もっといいカカオ豆ができるんじゃないか」
そう思った福村さんは、フーズカカオを、そして、カカオの魅力を伝えるお菓子ブランド『クロッカ』を立ち上げます。

農家さんたちとチョコレート作り(皮むきをしているところ)

シャワーがない、電気も不自由、食べ物にあたって本当に死にかける。
インドネシアでそんな体験をしながらも『美味しいカカオ豆づくり』に奮闘する福村さん。
福村さんの魂がこもった美味しい豆の魅力を、一番美味しいカタチで届けたい。
そんな思いがクロッカには込められています。

福村さんはどんなことをしているの?気になった方はこちら→カカオ農園ってどんなところ?

原材料

カカオ豆(カカオマス、カカオニブ)、砂糖、小麦粉、バター、卵白、牛乳、ココアパウダー、塩/膨張剤

内容量

8枚

賞味期限

外装に記載
(発送より14日以上のものをお送りいたします)

保存方法

高温多湿を避けて常温で保存