おすすめ

チョコレートリキュールのオススメランキング!

チョコレート好きであれば気になってしまう、「チョコレートリキュール」

チョコレートリキュールとは、チョコレートのとっても良い甘い香りを楽しむことができるお酒です。

今回は、チョコレートリキュールの楽しみ方やカクテルのレシピ、人気のツートップを飾るGODIVAモーツァルトのチョコレートリキュールをご紹介します。

チョコレートリキュールの飲み方を知ろう!

チョコレートリキュールはカカオリキュールの一種で、ブランデーやキルシュなどのスピリッツにカカオをミックスさせた「クレーム・ド・カカオ」にさらにクリームを加えて作られます

クリームが含まれているため味わいは甘くまろやかで、普段お酒がちょっぴり苦手という方でも、チョコレートリキュールを使ったお酒であれば飲めるという方も少なくありません。

アルコール度数も17%程度ですので、ウイスキーや焼酎よりも控えめですよ。

 チョコレートリキュールは氷の入ったグラスに注ぐだけでも飲むことができますが、さまざまなお酒やドリンクと割って楽しむ飲み方が、アレンジの幅が広くて人気です。

ミルクと割って作るチョコレートミルク、アイスコーヒーと割って作るカフェモカなどは、甘みがしっかり感じられ、お酒の初心者さんにもおすすめです。

ちょっぴり大人のテイストで味わいというときには、ウォッカで割って飲むのもおいしいですよ。

 スタンダードなチョコ味以外に、ちょっぴりビターなブラックチョコ味、甘みの強いホワイトチョコ味抹茶味キャラメル味などもあります。

チョコレートリキュールのカクテルオススメ3選!

チョコレートリキュールを使ったおすすめカクテルをご紹介します。

お気に入りのチョコレートリキュールが見つかったら、ぜひ試してみてくださいね。

これぞスタンダード【チョコレートミルク】

チョコレートミルクはチョコレートリキュールのカクテルの定番です。基本の味わいをチェックしておきましょう。

(作り方)冷えたグラスに氷を入れ、牛乳 50mlとチョコレートリキュール 30mlを注ぎ、軽く混ぜる

オペラを鑑賞しながら飲みたい味【パパゲーナ】

モーツァルト作曲のオペラの主人公の名前がついたカクテルです。チョコレートリキュールも、できればモーツァルトを使いたいですね。

(作り方)チョコレートリキュール 30ml、ブランデー 15ml、生クリーム 15ml、氷をシェイクして静かにグラスに注ぐ

さっぱり系が好みならこれ!【チョコウーロン】

ウーロン茶をアイスティーに変えるアレンジもおすすめです。男女問わず好きな味ですよ!

(作り方)冷えたグラスに氷を入れ、ウーロン茶 50mlとチョコレートリキュール 30mlを注ぎ、軽く混ぜる

大人気!ゴディバ&モーツァルトのチョコレートリキュール!

ベルギーチョコレートの老舗メーカーGODIVAのチョコレートリキュールや、サントリーのモーツァルト チョコレートクリームは、チョコレートリキュール界のツートップと言われるほど、高い人気を誇ります。

それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

【おすすめNO.1】GODIVA「チョコレートリキュール」


チョコレートブランドらしく、厳選されたカカオを使用し、芳醇な香りを感じさせるのが特徴です。

しっかりとチョコレートの味わいが濃いのに甘すぎないのがGODIVAのポイント。

贅沢な香りにうっとりしてしまいますよ。

お酒とはいえ、本格的なチョコレート感を求めるというチョコレート好きの大人にぴったりな商品です。

ワンランク上を感じさせる高級感のあるボトルが印象的です。

【おすすめNO.2】モーツァルト「チョコレートクリーム」

モーツァルトのチョコレートクリームは、日本のチョコレートリキュール界のスタンダードとも言える商品です。
バランスの良い甘さと香りが飲みやすく、初めてチョコレートリキュールを買うという方にもおすすめ。
クセがなくまろやかで優しい味わいが特徴です。
コロンとしたトリュフチョコを彷彿とさせるようなボトルがとってもキュートですよね!

チョコレートリキュールでチョコの世界を広げよう

チョコレートとワインなどアルコールドリンクはとても相性が良いですが、チョコレート味そのものがお酒になっているのがチョコレートリキュールです。

今回はカクテルとしてご紹介しましたが、お菓子作りに食材として使ったり、アイスクリームのアレンジに加えて楽しむのもおすすめです。

チョコレートリキュールを上手に活用して、チョコの世界を広げてみてくださいね!

関連記事一覧