フレーバードチョコレート

カカオ研究所 カカオバー 山椒

A000098
A000098
A000098
A000098
A000098

さわやかで深みのあるミルクチョコレートに山椒を加え、山椒の持つ芳純な香りをより一層引き立てるベストな味わいに仕上げました。

2016年 インターナショナルチョコレートアワード アメリカ・アジアパシフィック大会 銅賞 受賞
2019年 アカデミーオブチョコレート 銀賞 受賞

 

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥700(税別)

簡易ギフト設定  

数量  

カカオ研究所:中野さん

このチョコレートを作ったきっかけは、ベルギーで懇意にしているショコラティエさんです。
その方が花椒を使ったデザートを作っていて、その美味しさに衝撃を受けました。
そこでそんな美味しさのチョコレートを作りたい、と思ったのですが、
せっかくなら日本の素材を使いたいという思いで、日本の山椒を使っています。

使用している山椒は、和歌山県産のブドウ山椒と呼ばれる山椒で、うなぎにも添えられる高品質なものです。
ミルクのまろやかさと山椒のスパイシーさのふたつの個性を、チョコレートの爽やかさがつないでくれるチョコレートです。

お客様からは『山椒とチョコって合うんですか?』と驚かれることが多いですが、
お店では必ず試食をしていただいていて、『これは美味しい!』と納得して、お買い上げいただいています。
他にはない、珍しいフレーバーなので、バレンタインなどのプレゼントにも人気です。

ちなみに、『山椒』『ほうじ茶』はベトナム産のカカオを使ったミルクチョコレートを、
『コーヒー』と『塩』はベトナムとガーナのミルクチョコレートをブレンドして使用しています。

これは、ベトナム産チョコレートで作ったミルクチョコレートなら、山椒とほうじ茶の繊細な香りを存分に引き出せるから。
山椒の爽やかな香りやほうじ茶の深い香りは、ガーナ産チョコレートのコクのある香りで打ち消されてしまうのです。
一方、コーヒーや塩のしっかりとしたコクや旨味は、ガーナ産のチョコレートが入ることでさらに引き立ちます。
使用する素材によって、カカオの産地のチョコレートを使いわけて、最高の味わいが出せるのも、Bean to Barならではです。

真っ赤な壁が目印の、まるで秘密基地のようなお店、『カカオ研究所』
福岡県飯塚市を中心に、チョコレートの移動販売をしているお店です。

お店を営むのは、長年、お菓子作りの会社を経営してきた中野さん一家。
あるとき口にした、ベトナム産カカオの『フルーティーさ』に衝撃をうけ、「自分たちでもやってみたい」という思いのもと、カカオ研究所を立ち上げました。

カカオ研究所のウリはふたつ。
提携農園で作ったカカオ豆を使った『フルーティーなベトナム産カカオのチョコレート』と、
地元のお客さんの声を聴きながら作る、様々な『フレーバーチョコレート』

こだわり抜いたカカオ豆を使って、たくさんのお客様を喜ばせたい。
そんな家族の思いは、いつもお店のお客様を笑顔にしています。

原材料名

カカオ豆、全粉乳、カカオバター、砂糖、山椒

内容量

20g

保存方法

直射日光、高温多湿を避け、常温で保存してください

賞味期限

外装に記載
(発送より14日以上のものをお届けします)

カカオ分

56%

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています