カカオ80%

カカオ研究所 カカオバー ブレンドSold Out

A000091
A000091
A000091
A000091
A000091

ベトナム産カカオ豆のフルーティな酸味と、
ガーナ産カカオ豆の力強い香り、
それぞれの特徴を掛け合わせ絶妙な配合でブレンドしました。

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥600(税別)

簡易ギフト設定  

SOLD OUT

カカオ研究所:中野さん

とにかく『美味しさ』を追求したチョコレートです。

ベトナム産カカオを使ったチョコレートはフルーティーさが魅力ですが、
酸味が強すぎて苦手、という方もいらっしゃいます。

そこで、ガーナ産のカカオ豆を使ったチョコレートをブレンドしています。
ガーナ産のチョコレートは『いかにもチョコレート』という味わいで、
ベトナム産カカオのチョコレートとブレンドすると、酸味をやわらげ、チョコレートらしい力強い香りを加えてくれます。

ただ2種類のチョコレートを混ぜるだけでは、それぞれの良さを打ち消しあってしまうこともありますが、
カカオ研究所で採用しているBean to Bar製法なら、それぞれのカカオ豆の個性を最大限生かしたチョコレートを作ることができるので、
ブレンドしても個性が消えてしまわず、それぞれの持ち味が絶妙に掛け合わされた美味しさを作れます。
Bean to Barだからこそ成せる、こだわりのブレンドチョコレートです。

 

どれにしよう?迷ったらこちら↓

カカオの産地ごとの味と特徴とは?

2019.11.20

真っ赤な壁が目印の、まるで秘密基地のようなお店、『カカオ研究所』
福岡県飯塚市を中心に、チョコレートの移動販売をしているお店です。

お店を営むのは、長年、お菓子作りの会社を経営してきた中野さん一家。
あるとき口にした、ベトナム産カカオの『フルーティーさ』に衝撃をうけ、「自分たちでもやってみたい」という思いのもと、カカオ研究所を立ち上げました。

カカオ研究所のウリはふたつ。
提携農園で作ったカカオ豆を使った『フルーティーなベトナム産カカオのチョコレート』と、
地元のお客さんの声を聴きながら作る、様々な『フレーバーチョコレート』

こだわり抜いたカカオ豆を使って、たくさんのお客様を喜ばせたい。
そんな家族の思いは、いつもお店のお客様を笑顔にしています。

原材料

カカオ豆、砂糖

内容量

20g

保存方法

直射日光、高温多湿を避け常温で保存してください

賞味期限

外装に記載
(発送より14日以上のものをお届けします)

カカオ分

80%

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています